fc2ブログ
2024_04
12
(Fri)13:40

2024年の桜

今年は開花が遅く(といっても、昔は3月の末に開花し始めて、今年のように入学式に満開の桜の下で記念写真撮影とかがあたりまえだったけど…)ようやく咲いたと思ったら、寒い日が多く、晴れ間も少なく、写真撮影には向かない日々。


撮影日 2024年3月31日
場所   三豊市財田町 道の駅たからだの里 戸川ダム
2024-3-31-2-1.jpg



撮影日 2024年4月4日
場所   さぬき市長尾 亀鶴公園
2024-4-4-1-1.jpg

2024-4-4-2-1.jpg

2024-4-4-3-1.jpg

2024-4-4-4-1.jpg

2024-4-4-5-1.jpg



撮影日 2024年4月5日
場所  坂出市王越町 大崎の鼻
2024-4-5-2-1.jpg



撮影日 2024年4月6日
場所   三豊市高瀬町 西部浄水場
2024-4-6-1-1.jpg

2024-4-6-3-1.jpg



撮影日 2024年4月7日
場所  坂出市王越町 大崎の鼻
2024-4-7-1-1.jpg

2024-4-7-2-1.jpg



撮影日 2024年4月7日
場所   坂出市大屋冨町付近
2024-4-7-3-1.jpg

2024-4-7-4-1.jpg

2024-4-7-5-1.jpg


撮影日 2024年4月11日
場所   愛媛県西条市 ひょうたん池…ここは花いかだで有名。散り始めていたものの、今年は水面があまりきれいじゃなくて残念。

2024-4-11-1-1.jpg

2024-4-11-2-1.jpg

2024-4-11-3-1jpg.jpg

2024-4-11-4-1.jpg

2024-4-11-5-1.jpg


2024_04
03
(Wed)12:06

古澤巌 炎のヴァイオリン@ハイスタッフホール

公演日 2024年3月24日
会場   観音寺市民会館(ハイスタッフホール)

1年数ヶ月ぶりの古澤さんコンサート。
古澤さんの「繊細でリズミカルで華やかでたまらなく心地いい音」が心地よく響くこのホールが、我が家から日帰りできる場所にあって、しかも古澤さんご自身がそこを気に入ってくださり、毎年のようにコンサートが開かれるのは本当に恵まれている。
このハイスタッフホールの音響は、市民会館のレベルをはるかに超えている…などという表現ではまったく足りないのだけれど、私にはそれ以上の語彙力がない(;''∀'')

2024-03-24-2-1.jpg

2024-03-24-1-1.jpg

あんなふうに演奏されるチゴイネルワイゼンは初めて聴いたし、火祭りの踊りもアランフェス協奏曲も今まで知っていたものとは別物(笑)に思えた。アンコールのチャルダッシュは圧巻。

非常に満たされた時間&空間でした。


2024_04
01
(Mon)14:52

SOPHIA Premium Symphonic Night in 大阪城ホール

公演日 2024年3月10日
会場   大阪城ホール
2024-3-10城ホール-2


2024-3-10-5-1.jpg

会場が東京や横浜ではないし、立たなくてもいいライブだったし、迷うことなくチケット購入(笑)
オーケストラとはいっても、大編成ではなく、小規模ではあったけれど、期待以上のアレンジで、期待以上の演奏。

クラシックの「音」的には、城ホールという施設の問題なのか、私の座席がステージを斜め上から見下ろす場所だったためか、理由はわからないけれど、かなり不満があったのは事実。
私の場合、クラシック音楽は、そのほとんどを音響設備抜群の香川県観音寺市民会館(ハイスタッフホール)で聴いているので、これはしかたないこと。


SOPHIAはロックバンド。
そのロックバンドの楽曲をオーケストラとの共演で演奏。
まずは、アレンジが相当大変だっただろうなと思った。
そして、オーケストラ側もバンド側もどちらも演奏が大変だろうな、と感じた。
そして「あの楽曲たち…」が、こんなふうになるんだ、という感動。
最初に流れた「overture」でもう胸がいっぱい。
あ、そうくるんだ、うわっ本格的…と思った。

オーケストラとの共演ならば、「黒ブ」から始まるんじゃないかと私は予想していたけれど、大外れ。
この楽曲は、最初に聴いたときに、私は恐れ多くもあの「第九」を〇クっているやんと思った(笑)ので、絶対に演奏するとは思っていたのだけれど、途中全然演奏する気配がなかったので、そうか、最後なのね…と。
しかし、その最後の最後、完全に「第九」で始まるとまでは予想していなかったから、あ、やられた~と思った(笑)
めっちゃ素晴らしいアレンジ(*^▽^*)

「音」の聴こえとしての不満はあったが、見え方としては面白い位置で観ることができたし、またこれからのSOPHIAに期待できると思った夜。

2024-3-10-3-1.jpg

2024-3-10-2-1.jpg

2024-3-10-4-1.jpg


※ note「https://note.com/mikelan/」の方で、ライブ会場に入るまでのことを少し書いたけれど、あちらでもライブについてそのうち書く予定(予定は未定…笑)





2024_04
01
(Mon)13:10

上方林家 染二爛漫 @天満天神繫昌亭

公演日 2024年3月9日
会場  天満天神繁昌亭

2024-3-9-2-1.jpg

2024-3-9-1-1.jpg



以前から一度行ってみたかった大阪天満天神繁昌亭。
元々、上方落語を聴く機会が何度もあり「落語」が好きになったので、この寄席のことも当然知っていたから。

昨年、城ホールでのSOPHIAの公演予定を知って、さらにその前日にLIVE SDD 2024が開催されるということで、一応2日間宿を押さえていたのだけれど、LIVE SDDの方は観覧の抽選でまったくご縁がなく…(´;ω;`)

宿をキャンセルする前に、この寄席の公演案内を調べてみたら、なんとなんと9日は林家染二師匠の独演会(*^▽^*)
私は染二さんの師匠である染丸さんの落語がきっかけで落語好きになったのだし、もちろん一番弟子の染二さんの落語も数回、生で聴いたことがある。
もう10年以上前のこと。
当時の私が感じたのは、めっちゃ「人情噺」の噺家さんだということ。
うっかりすると聴き手の方が置いていかれるくらいの感情移入ぶりだったことが強く印象に残っていた。


10数年ぶりに聴いた染二師匠の落語。
「天神山」は初めて聴いた。
「紺屋高尾」はいろいろな落語家さんがよく演じられるから知っているお噺。
そのどちらも置いていかれるなんてことはまったくなく、ときには大笑い、ときにはちょっぴり涙も…という古くからある庶民の芸能「落語」をたっぶり楽しませていただいた(^O^)

桂團治郎さんは、一度だけテレビでその落語を聴いて好感を持ち、今回もやはりそのときと同じ印象で、また機会があればぜひ聴いてみたい。
桂しん吉さんは吉弥さんの独演会で一度聴いていて巧いなあと思っていたが、今回の創作落語「宗太郎峠」は鉄道好きとしては、感心&感服&感激。

楽しい夜でした!
いちばん前の列だったから、ちょっと首が痛かったけど(;^_^A

2024-3-9-5.jpg




2024_03
14
(Thu)13:13

2024年の河津桜

2024年2月27日(東かがわ市白鳥湊川) 

この日は、絶好の撮影日和だったけれど、肝心の桜はまだまだ2、3~5分咲きといったところ。
              
2024-2-27-1.jpg

2024-2-27-3.jpg



3月2日(綾歌郡宇多津町)

こちらはもうほぼ満開だった。
2024-3-2-1.jpg

2024-3-2-2.jpg

2024-3-2-3.jpg
              

3月4日(東かがわ市白鳥湊川)

1週間ほど前はまだまだだったけれど、この日は見頃状態(満開にはあと少しといったところ)なので、大勢の人出。
でも残念ながら撮影中だけ曇天で空が暗い。
しばらくいたけれど、とうとう明るくならなかった。ということで、若干画像補正(;^_^A

2024-3-4-1.jpg

2024-3-4-3.jpg

2024-3-4-4.jpg

   
2024_03
14
(Thu)11:55

スタレビツアー2022~2024@香川レクザムホール

公演日 2024年2月24日
会場   香川県民ホール(レクザムホール)大ホール

2024-2-24-1.jpg
ついに…そういう年齢になったので、シニア割引チケットでの入場(;^_^A

2024-2-24-2.jpg

2024-2-24-3.jpg

前々からそう思ってはいたけれど…。
やっぱり…。
スタレビは「日本屈指のライブバンド」(*^▽^*)

VOHさんは現在も療養中だけれど、ステージには等身大のパネルや映像も、過去のデータからの演奏音、歌声名等々。
今の技術って凄い。
まるでこの場所にVOHさんいるみたい…ってそう感じた。
「夢伝説」のあの声は不可欠!

ちゃんと6人がいたステージでした\(^o^)/

グッズ列が長すぎて、あの美味しいカレーが買えなかったのが心残り。

2024_02
29
(Thu)20:34

柳家喬太郎独演会@レクザム小ホール

公演日 2024年2月18日
会場   香川県民ホール(レクザムホール)小ホール

2024-2-18-1.jpg

2024-2-18-2.jpg

数年前、サンポートホールでの独演会で「初天神」を聞いてこの方のファンになった。

「初天神」は他の噺家さんでも何度か聞いたことがあるけれど、聞き手側としては、落語家が子供を演じているということを楽しく見聞きしているうちに気がつけばその世界に入り込む。でも、それはあくまで想像の世界。

ところが、喬太郎さんの「初天神」は子供を演じている喬太郎さんが、本物の子供に見えてしまうというか…(笑)
上方落語の林家花丸さんも、女の人を演じるとき、本物の女性に見えてしまうことが多々あったのだけれど、この方たちの落語は、ただ巧いというのともちょっと違う気がする。
うまく言えないけれど、聞き手側を特異な技で惹き込む噺家さんとでも言ったらいいのか…。

久しぶりの生の喬太郎さん(ときどきWowowで拝聴しているけど)は、やっぱりまたすぐに聴きたくなる噺家さんだった。
開口一番の柳家やなぎさんの創作落語もめっちゃ笑ったし、初めて生で見た林家二楽さんの紙切りにも感動。
とても楽しい時間でした。

2024_02
29
(Thu)19:19

栗林公園

撮影日 2024年2月8日
場所   栗林公園 香川県高松市

そろそろ梅が咲いているだろうと、久しぶりに栗林公園へ。
我が家は高齢者家族なので、ここは入園無料(*^▽^*)

2024-2-8-2.jpg

2024-2-8-3.jpg

梅は思ったよりも咲いていたのだけれど、撮影にはいちばんいい場所で、6~7人のグループが、花を愛でるわけでも、写真を撮るでもなく、ずっと仲間内の噂話に夢中。
おかげで梅林では、ほとんど撮影できず。
でも栗林公園にはいい被写体がたくさんあるのでそちらへ。

2024-2-8-4.jpg

2024-2-8-5.jpg

2024-2-8-6.jpg

2024-2-8-7.jpg

2024_02
29
(Thu)13:51

ライブ後の楽しみ

ライブ遠征での楽しみのひとつが食事。
日頃はほとんど外食しないので、このときばかりは、といつも下調べに余念がない相棒クン。
今回は、昨年のエレカシライブのときに初めて行ったリール食堂さんへ。
前回は時間が遅くて、あまり食べられなかったけれど、今回はゆっくり。
お魚も鴨もめっちゃ美味しかった。ごちそうさま。

2024-1-30-7.jpg 2024-1-30-8.jpg

2024-1-30-9.jpg 2024-1-30-10.jpg

2024-1-30-11.jpg 2024-1-30-12.jpg

リール食堂 梅田
    大阪府大阪市北区堂山町7-16

2024_02
29
(Thu)13:36

Memory of Jeff Beck plus.

公演日 2024年1月30日
会場   Billboard Live 大阪

2024-1-30-4.jpg

2024-1-30-1.jpg

2024-1-30-6.jpg

2024-1-30-5.jpg

素晴らしいメンバーでのライブがあるということで大阪へ。
ビルボードライブ大阪は初めての会場。
入口が地下ということで、ちゃんとたどりつけるか心配だったけれど、親切な方が地下からの行き方を載せて下さっていたので迷うことなくすんなり到着。
会場のホームページの地図情報だけではあんなにスムーズには行けなかったかも…(苦笑)

今回のライブメンバーはRie a.k.a. Suzakuさん(ギター)以外は、それぞれ何度かライブへ行っているので、その音楽性や実力は重々宇承知。
コロナの影響で、恭司さんも須藤さんも千里ちゃんもかなり久しぶり。
安達久美さんは、その最中でも何度か四国へ来てくださったので、こちらが遠征できない状況の中、非常にありがたい存在。

それにしても、このメンバーの「音」…素晴らしいのひと言(*^▽^*)

2024_02
29
(Thu)11:37

2024年

気がつけば、もう3月になろうとしている(;^ω^)
この場所的には、やっと2024年になったということで、今年の干支。

撮影日 2024年1月5日
場所   大宮神社 香川県まんのう町

2024-1-5 初詣1-1

2024-1-5 初詣2-1

2023_12
31
(Sun)20:02

大阪・なんばお出かけ記録

個人的には今年のライブ納めだったなんばHatchでの音屋吉右衛門のライブ後に行ったお店。

「クラッチ (clutch)」…大阪市中央区西心斎橋2-9-18 AMEMURA.BLDG 1F

鴨料理が美味しいお店。
場所柄、若いお客さんが多く、ちょっと(かなり)騒がしいのだけれど、鴨だけでなくお料理はめちゃ美味。お酒も安い。

2023-12-16-3.jpg 2023-12-16-4.jpg 2023-12-16-5.jpg

 2023-12-16-6.jpg 2023-12-16-8.jpg 2023-12-16-7.jpg

ここは前にもなんばHatchでのライブ後に行って美味しかったのだけれど、バイト君が我々のことを覚えていてくれたらしく、自分は土曜日にしかいないので、また土曜日に来てください…って言われてしまった(笑)
美味しいお店だけれど、難波は我が家からは少しばかり遠くて、そう気軽にホイホイとは行けないのよね(;^ω^)

2023_12
31
(Sun)19:32

10月SOPHIAライブ遠征 横浜観光&グルメ編

2023年10月のSOPHIA 獅子翼ライブで横浜へ。
美味しいものも食べたし、2007年同じくSOPHIAの赤レンガ倉庫前でのライブ以来の横浜だったから観光も。
前回はひとりだったから、行きは夜行高速バス、帰りは時間の都合で寝台特急だったけれど、今回はライブへは行かない相棒クンが一緒なので新幹線移動。
ヤツの楽しみは列車内で食べる駅弁や現地での美味しい食事。

めったにないことだけれど、我が家のふたりが新幹線で遠出するときは、高松駅弁のサンポート弁当というおかずの種類がたくさんのお弁当を買って新幹線に乗り換えてから、ビールとともに食べるのだけれど、今回は予定のマリンライナーよりも早いのに飛び乗ったので、岡山駅で駅弁購入。
あとで知ったのだけれど、けっこう長らく食べていたそのサンポート弁当はなくなってしまっていたので.、ある意味ラッキー。
しかし、この岡山のお弁当よりは以前のサンポート弁当の方が安くておかず数も多くて満足度が高かったので、今後は考えないと…。

2023-10横浜1日目-1



横浜一日目の夕食。

「Trattoria e Bar PAPAS」…港北区新横浜2-3-3 新横浜ウエストビルB1

きちんとお料理の説明をしてくださって美味しくいただきました。
お酒の種類も多く、お酒を楽しむ方が多いお店なのかもなんだけれど、お酒もお料理も大好きな我々は大満足。
お料理は都会の味?(笑) あまり食べたことのない味、そして、それがめっちゃ美味でした!
相棒クンは、私とは違い、遠出する際はかなり念入りに食事するお店を調べるので、毎回美味しいものが食べられる。
ひとり旅のときは、適当に自分の勘を信じてお店へ入る私。
ま、それでもそれなりに満足はしているけれど、こういうお店へ下調べなしにはまず入ることがないので、相棒クンに感謝。
料理もビールもワインも美味しく、泊まったホテルからも近くて大満足。

2023-10横浜1日目-2 2023-10横浜1日目-4 2023-10横浜1日目-3

2023-10横浜1日目-5 2023-10横浜1日目-6



横浜二日目は、私はSOPHIAライブ。
相棒クンは日本丸が帆を張る日なので、かなり早く出かけたらしい。
雨なのでたぶん中止だろうと思っていたが、三角帆だけは張ったのでそれの写真は撮影できたんだとか⇒「オレンジの雨」日本丸メモリアルパーク

この日は、一日中別行動で、ヤツは中華街までは行かずに、ホテル近くの中華料理店で食べたそう。
一方の私は、ライブ命(笑)なので、昼も夜もコンビニ食(;^_^A



横浜三日目。
昨日のライブで足が相当疲れていたものの、杖は使わずゆっくり歩き、途中で休んだりしながらの横浜観光。
それでも最後はめっちゃ疲れたけど(´;ω;`)


大桟橋
2023-10横浜3日目-1

2023-10横浜3日目-2


ザ・横浜という感じの風景
2023-10横浜3日目-3

2023-10横浜3日目-4

2023-10横浜3日目-5 2023-10横浜3日目-6

2023-10横浜3日目-9

2023-10横浜3日目-10

2023-10横浜3日目-11

2023-10横浜3日目-12

2023-10横浜3日目-13


懐かしの赤レンガ倉庫にて
2023-10横浜3日目-7

2023-10横浜3日目-8



三日目の夕食

「Bistro Vin Vin」…港北区新横浜2-14-25 アポロ新横浜第2ビル 4F

この日はさすがにもう足が動かないくらい疲れたけれど、ここもホテルから近く、そして、またまためちゃ美味(*^▽^*)
ここもお店の接客がプロ。
気持ちよく楽しく美味しくいただきました!

2023-10横浜3日目-15 2023-10横浜3日目-14 2023-10横浜3日目-16 

2023-10横浜3日目-17 2023-10横浜3日目-18



四日目…帰る日。
相棒クン、都会へ行くと帰りは必ずデパ地下のお惣菜だとか珍しい駅弁を購入して帰るのだけれど、この日もワタクシが新横浜駅の待合室で待っている間に数々の駅弁ゲットしてきてご満悦。
これだけ購入したのでお箸が何本要りますか?と聞かれたらしい(笑) まさかふたりで食べるとは思わなかっただろうな(;^_^A 
でもこれは、新幹線の車中ではビールとおつまみのスルメだけで我慢し、帰宅してからの遅~い昼食兼夕食なので、ごく適量です(笑)

2023-10横浜4日目-2



そうそう…。
残念ながら、相棒クンと一緒だとかなりの確率で見える富士山が、今回は行きも帰りも、ここで見えるはずなのに…う~ん見えない、という状況。
こんなことは珍しいのだけれど、四国まで帰ったらわが讃岐富士はいつものように穏やかな姿で出迎えてくれました(^o^)

2023-10横浜4日目-1

2023_12
30
(Sat)13:49

音屋吉右衛門 LIVE2023 @なんばHatch

公演日 2023年12月16日
会場   なんばHatch

2023-12-16-2.jpg

直前に知った世良さんの指骨折。
ライブは予定通り行うというので、それほど大したことはないのかな?と思っていたけれど…。
ステージに現われた世良さんの手指に巻かれた包帯?を見て、これは大変だと…。

ということでいつもの「音屋吉右衛門」とは違うライブだったけれど、このライブもめっちゃ笑ってめっちゃリズムを感じて、とても楽しい夜。
世良さんのギターがないから、よっちゃんはかなり大変だったと思うけれど、そういう大変さを感じさせない彼の「音」は素晴らしかった。
また、世良さんの声は、いつ聴いても、否、聴くたびに進化し続けている。

若い頃、彼の歌い方が大嫌いで、ずっと避けてきたけれど、もう10年くらい前だったか、相棒クンに無理やり連れて行かれた世良公則ライブで、うわっ、この人めっちゃ凄いやん、と知ることができて本当によかった(^^ゞ

頑丈なコルセットをつけての大阪への移動で、ちょっと無謀だったかもしれないけれど、来てよかったな、やっぱりライブは生ものでそれが魅力なんだよな、とあらためてそう思った。


2023_12
30
(Sat)13:04

直訳ロッカー・王様メジャーデビュー28周年ライブ@高松OLIVE HALL

公演日 2023年12月13日(水)
会場   高松オリーブホール

2023-12-13-2.jpg


2023-12-13-1.jpg



オリーブホールでの直訳ロッカー王様のライブは6月にもあって、もちろん予約をお願いしていたのに、その少し前からワタクシ、原因のよくわからない足腰の痛みで、座っていられなくなり、ご飯も立って食べるようなありさま。
とてもライブに行ける状態ではなかったので、先方には申し訳なく、また自分的には残念ながらも断念。
なんと半年後、またライブがあるというので、そして、またまた高松家来バンドとのセッションもあるということで予約。
ところが、予約後に、今度は転んだことが原因による圧迫骨折で動きが大幅に制限され、今度は一度座ったら立てない。
また、キャンセルしなければいけないのか…。その状態が続いた。

骨折して1ヶ月と少し経っていたので、この日はえいっとばかりに、家から1キロちょっとをゆっくり歩いて駅まで行き、ことでんの電車に20分揺られ、ライブハウスの前にある餃子の王将で腹ごしらえ&事前アルコール摂取(笑)してからライブ。

身体の不調も忘れ、笑って、身体でリズムを感じて楽しんだ夜(*^▽^*)

2023_12
30
(Sat)11:27

SOPHIA LIVE 2023 獅子に翼Ⅴ@Kアリーナ横浜

今さらだけど、10月以降更新していなかったライブ記録等々。
まず最初がSOPHIAのシシツバ。
行ってよかったけれど、もう東京や横浜まで行くのは身体にもお財布にもキツいので、今後はもっと気楽に行ける場所でのライブ開催を願いたい!


公演日 2023年10月9日(月)
会場   Kアリーナ横浜

2023-10-9-1-2.jpg

ライブ感想などはnoteの方に書いてあります…⇒note 「SOPHIA LIVE2023 獅子に翼Ⅴ」


私は紙チケットだったから、雨の中すぐに入場できたことでめっちゃ心配だったトイレも並ばずに入れたことと、帰りは規制退場だったからか、それとも超・・満員ではなかった(それでも1万数千人?)からか、事前の情報とは違い、それほどの大きい混雑ではなかったのが幸い(^O^)

2023_12
29
(Fri)11:58

長らく更新していなかったけれど

気がついたら、もう2023年が終わる…(^^ゞ
9月末の落語二人会以降、全然更新していないことに今さら気づいて…(´;ω;`)

10月のSOPHIAの横浜でライブは楽しめたものの、その後いろいろなことが起こってしまった。

人の命は永遠ではないことは、もちろんわかっているけれど、この数ヶ月は近しい方々のショックな知らせがたて続きにあり、そういうことは昨年末にもあったのだけれど、その昨年末のことで発生してしまった自分の中の気持ちの整理がまだ完全にはできないでいるときに、また気持ちが混乱することとなり、さらに11月には自分で転んだことが原因でけっこう大がかりなコルセット着用で自由に身体が動かせない身となってしまい…。
終わってみれば、身も心もズダボロの一年(苦笑)

ま、そうはいっても転んでもただでは起きない性格。
12月に入ってからは地元ライブだけでなく、大阪へのライブ遠征もできたし、私はちゃんと生きてる(笑)

明日は更新していなかった10~12月のライブ記録だけでも書く予定。

2023_09
30
(Sat)12:56

第4回観音寺青柳寄席@ハイスタッフホール

公演日 2023年9月24日
会場 観音寺ハイスタッフホール 大ホール

2023-9-24-1.jpg

2023-9-24-2.jpg

テレビの「お城」の番組等ではよくお見かけするものの、昇太師匠の落語を聴くのは初めて。
やっぱりというか当然なんだけれど、非常に巧い。
一方、小朝師匠は毎回違うタイプのものを聴かせてくれる。好きな噺家さんというわけじゃないm(__)mものの、本当に巧い方だと思う。だから聴くために何度も会場に足を運ぶ。

開口一番の昇ちくさんの「転失気(てんしき)」はよく聴く噺だけれど、この方のはあまりくどい展開がなくて、個人的には好み。
噺家さんによって同じものでもちょっとした違いがあるから、落語は面白いし飽きない。
音楽パフォーマンスののだゆきさんは、相当な技術をお持ちの方だろうなと感じたのだけれど、帰ってから調べたら想像以上で、深~く納得でした<(_ _)>


2023_09
30
(Sat)12:32

ダイヤモンドクロス

伊予鉄道のダイヤモンドクロス…これについては数日前、noteの方でも写真をたくさんアップしたし、このブログでも、以前にこの大手町駅と古町駅のダイヤモンドクロスのことをそれぞれ記事にはしたことがあるのだけれど…。
テツの端くれなので、今回けっこういい写真が撮れたからにはやはり載せておく(苦笑)


松山に住んでいるものにとっては当たり前の光景なので、以前はこれがそんなに珍しいものとは知らなかった。

鉄道同士の平面交差。
伊予鉄道のダイヤモンドクロスはこの大手町の直交と、ここからすぐの古町駅の斜交の2ヶ所あるけれど、どちらも郊外電車と路面電車のクロス。
当然、郊外電車が優先なので、路面電車は踏切の警報音が鳴り遮断機が降りたら、車と同じように待つ。
ここでは以前に郊外電車の大手町駅で降りて写真を撮ったことがあるけれど、今回のようにたまたま車で通りかかって、たまたま遮断機が降りた場合の方が、状態がよくわかる写真が撮れる。
線路自体は近くのビルの2階以上からでも撮らないとよくわからないのだけれど。


2023-9-23ダイヤモンドクロス1-1

2023-9-23ダイヤモンドクロス2-1

2023-9-23ダイヤモンドクロス3-1

2023-9-23ダイヤモンドクロス4-1

2023-9-23ダイヤモンドクロス5-1


2023_09
30
(Sat)11:48

愛媛グルメ

愛媛、とくに松山は生まれ育った土地なのに、あらためて考えてみると、美味しい店をたくさんは知らない。
ライブ目的であっても「食べる」こともけっしておろそかにしない、相棒クン。
今回もライブ後に食べるお店については、徹底的に調べていたもよう(笑)



今回のライブ旅で食べた愛媛の美味しいもの。
      ↓
松山自動車道 入野PAの味噌ラーメン…松山自動車道で個人的に美味しいと感じるのはこの入野PAと伊予灘SA(どちらも下り)

2023-9-22-2.jpg

夕食は松山グルメ研究所…ワインはやや高めだったけれど、お料理の方は美味しくて良心的価格(苦笑)
相棒クンがライブハウスからも近いし、最後の北山軒にも近いし…と。
結果は「当たり」でした!

2023-9-22-3.jpg 2023-9-22-5.jpg 2023-9-22-4.jpg

2023-9-22-7.jpg 2023-9-22-6.jpg

最後の〆は北山軒のラーメン。
昨年はライブ後に営業しているのは確認したものの、まだまだコロナ禍だったから素通りしてホテルへ戻った(´;ω;`)
4~5年ぶりだったけれど、おばちゃんは健在、ラーメンは全然変わっていなくて、相変わらず美味いっ)^o^(

2023-9-22-8.jpg

2023-9-22-9.jpg


ごちそうさまでした<(_ _)>