07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

第2285回「食べてみたいものは何ですか?」 

FC2トラックバックテーマ 第2285回「食べてみたいものは何ですか?」



そこそこ長く生きていても、まだ食べたことがない食べ物はたくさんある。
そうはいっても、そこそこ長い人生経験の中で、そこそこ美味しいものも、そこそこいただいてきているわけで…(笑)

だから、ぜひ一度はこれを食べてみたい…とまで思うものは、そんなにない(ような気がする)。
少なくとも、すぐには思いつかない。


ということで、お題とは反対に…積極的には食べない(食べたくない)食べ物について(あまのじゃくなもので、すぐにこういう発想が湧く…笑)書こうと思う。


ワタクシが積極的に食べることがないのは…もちろん(笑)うどん!
しかし、そういうワタクシにも、数年に一度あるかないかくらいなんだけれど、今日は釜揚げうどんを食いたい~(;^ω^)という気分の日がある。

先日久しぶりに、ジャンボうどん高木さんで釜揚げを食べた→ジャンボうどん高木の以前の記事「ジャンボうどん高木」

わら家の釜揚げうどんが、とっても残念なことに、今どき流行りのもちもち感たっぷりのうどんに変化して以降、釜揚げでお気に入りの店は、もうここしかない。→昔のわら家についての記事「わら家」

このお店、サイドメニューでおでんはあるものの、うどんメニューは釜揚げ、ざる、そしてぶっかけのみ。
釜○○なんていう、邪道メニューはもちろんないっ!(笑)

久しぶりの釜揚げうどんに満足し、それからドライブがてら野菜・果物の豊富な道の駅へ行き、さて山の中の近道から帰ろうとしたら、相棒クンが何とかという名前のうどん屋が、この辺りのはずなので、場所を確認しておかなくっちゃ…と。

何とかという名前ではわからない…が、店名以外の相棒クンの記憶は大したもの。
テレビ番組で見た、材木屋さんが山奥で始めたうどん屋さんだとおっしゃる。
ワタクシもその番組を見たような記憶はあったが、番組名もその内容も、ほとんど記憶に残っていない。

うどんに関することには、最大の能力を発揮できる相棒クンの記憶に基づいて、スマホで検索した結果、店名も住所もすぐに判明。
車のナビ子さんの「目的地周辺です」…の案内は、かなり手前だったけれど、なんとかたどり着く。

ジャンボうどん高木さんで、ジャンボ(釜揚げ4玉)を分け合って食べていたんだけれど、ワタクシは熱いかけ、相棒クンは冷かけをペロリ。

個人的な好みからすると、めっちゃ好きとまでではないものの、じゅうぶん美味しくいただきました。
ごちそうさま。

かなりの山奥なのに、もくざいやさんの方で木の香りをいっぱい感じて、駐車場へ出たら、うどんやさんの店内に、たくさんのお客さん!

2017-06うどん1

2017-06うどん2

2017-06うどん3




うどんやさん  いなもく
香川県綾歌郡綾川町枌所西甲1420-3
同じ場所で もくざいやさん(木工品販売)も営業中。

営業時間 10:30~14:00
定休日:木曜日

[edit]

西高東低…だけど例外も(^^ゞ 

「うどん県」で売り出し中の、さぬき国ではありますが、実は美味しいうどん屋さんは西讃地区に集中。
県内の東側には、食べたいと思える店があまりない。
もちろんこれは、我が家的好みから…そう思うだけなんだけれど_(._.)_


今日のお出かけ先は淡路島。
気まぐれ家族なので、今日の予定も、朝起きてから、そうだ、淡路島へ行こう!と、決まった。

従って、お出かけ計画も大雑把。

まずは朝食。
もちろん、うどん(笑)を食べるつもりなんだけれど、行先が東方面…ということは、選択肢がとっても少ない。

事前にささっと調べた限りでは、今日が定休日ではなく、しかも朝早くから営業していて、さらに、お金を払うに値する(と思っている)うどん屋さんが一軒。
が、到着してみれば…まさかのお休み(;´・ω・)

ま、こういうことは、行きあたりばったりの我が家にはよくあること。

腹減った~と言いながら、道沿いのうどん屋さんに目を向けるが、時間が早すぎて開店前のお店がほとんど。
たまに開いているお店があっても、相棒クンがそこは不味い、と一刀両断(*´ω`*)

ということで…。
気がつけば、県内最東端のうどん屋さんの前へ来てしまった。

相棒クンはかなり美味しいお店とおっしゃるが、ワタクシの過去の記憶では、フツーに食べられるうどん屋さん(苦笑)という印象。
ワタクシ、基本的にうどんは好きじゃないので、フツーくらいでは、それほど気乗りはしない(;´∀`)

しかし…。
ここに入らなければ朝食抜き。


幸いなことに、今日は腹減ってた…からだけではなく、とっても美味しかった。
相棒クン曰く、ちょうどあげたて(ゆでたて)のいちばん新しいうどんだったこともあって、特に美味しかったのでは?…と。

ワタクシがトッピングに選んだ、油揚げとこぶ天もいいお味。
油揚げやこぶ天の美味しいお店って、実はそれほど多くない。

2017-06-13うどん1


かけうどん小・ざるうどん大・げそ天・油揚げ・こぶ天。
以上、ふたり分で870円也。

ごちそうさま。


店名は、その名もずばり「うどんや」(通称「海の見えるうどんや」…相棒クン曰く)
客席の目の前が海(^_^)

2017-06-13うどん2


「うどんや」
〒769-2904
香川県東かがわ市坂元236-1


営業時間 [月~金] 8:30~15:00
[土曜・日曜・祝日] 8:30~16:00
日曜日 営業
定休日 無休(12月31日休)

[edit]

ラーメン 

この冬は暖かいのかな~なんて思っていたけれど、甘かった(;´∀`)
昼からエアコンの温度上げなきゃいけないような、このところの寒さは何なんだ(*‘ω‘ *)

昨夜、相棒クンが田舎の母に電話したら、昨日は朝から雪が降っていて、積雪10㎝くらいかな~?なんて、のんきに笑っていたそう。
南国とはいえ、山奥なので、もっと大雪になることもある地域。
母も高齢なので、そんなときは家から一歩も出ない人だから、こちらも心配でたまらないというほどではないものの、早く春が来てほしい。



さて…。
寒い日には、温かいラーメン!

昨年末、相棒クンが美味しいラーメン屋さん情報を仕入れてきて、この1ヶ月の間に3回も行ってしまった。
我が家的休日と重なる火曜日が定休日じゃなかったら、もっと行けたんだけど(^^ゞ
相棒クン、代休をとる曜日を変えるらしいっす(笑)


お店情報
店名: 希信(きしん)
所在地:香川県高松市瀬戸内町5-15
定休日:火曜日



ラーメン:魚介系スープのしょうゆラーメンなんだけれど、塩ラーメンかと思うくらい。
相棒クンのをちょっともらっただけだったけど、スープがめっちゃ美味いっ(*^▽^*)

2017-01-24-2.jpg


黒味噌ラーメン:美味いっていう言葉しかないっ!
半分くらいまで食べたら、カレーパウダーを入れてみて、ということだったので、そうしてみたら、見事に味変してびっくり。
くせになりそうなんだけれど、黒いスープが服に飛び散りそうなので、服装によっては避けたほうがいいかも(お店から紙のエプロンを渡された…苦笑)

2017-01-24-1.jpg


辛みそラーメン:冬季限定。
生クリームがちょこっと入っていて、それと辛みそのコラボがなんともいえない味わい。
私はこれをもう2回も食べたけど、たぶん次もこれを頼むと思う。
それくらい「超・美味」(*^▽^*)
2017-01-24-3.jpg


海苔ラーメン:これは相棒クンが注文。 
スープだけ少し飲ませてもらったけど、やはり魚介系スープがいい。
ただ、相棒クン曰く、海苔が練り込んである麺そのものは、自分好みではなかった…そう。

2014-01-24-5.jpg


麺好きの相棒クンにつきあっていろいろなラーメン屋さんで食べてきたけれど、少なくとも、今まで食べた中では、このお店…スープも麺もいちばん私好み(^O^)/

[edit]

第2179回「好きなラーメンの味と言えば?」 

FC2トラックバックテーマ 第2179回「好きなラーメンの味と言えば?」



もうそろそろ、今は寒いのか暑いのかはっきりしてくれ~と言いたいくらい、日によって気温が違うので、身体がついてゆけません(;´▽`A``


さて、好きなラーメンの味。

どれもキライじゃないので、どの味にするかはその日の気温だとかお店の状況による。

ラーメン以外の食べ物で、塩味か醤油味か味噌味を選べと言われたら、迷わず塩味を選ぶけど…なぜかラーメンに関しては、とても寒いときや、初めて入ったお店で、味に不安があるときは、だいたい味噌ラーメンを頼んでいる気がする。
寒いときの味噌はあったまるし、味噌だとそれほど大きいハズレにはならないことが多い。

ちなみに…どんな味のラーメンでも、麺は「カタメ」以上「バリカタ」ちょっと手前くらい程度の硬い方(^▽^;)が好き。


そういえば、18歳のときに、生まれて初めて、東京の四谷で、味噌バターラーメンというものを食べたとき、ラーメンってこんな味もありなんだな、美味しいな、と思った記憶(^_-)

きっと、そのときの記憶が「ラーメン=味噌」として、ワタクシの頭の中にインプットされている(*^。^*)


[edit]

うどんで始まる休日の朝 

先日の休みの日、待てど暮らせど起きてこない相棒を、「いつまで寝とんじゃ~(-_-メ))とたたき起こし、出かけた先はうどん屋さん(笑)

朝ごはんというよりは、もうお昼ごはんといってもいいくらいの時間。
ホントのお昼どきだと、満席になってしまうから、少し早目でちょうどよかったんだけれど^_^;

なかむら屋-3


なかむら屋
定休日 木曜日
住所   高松市前田東町720-6

なかむら屋-2 なかむら屋-1

かの有名な、客が畑からネギを抜いて自分で切るシステムだった、あの「なかむら」の長男さんがやっているお店。

元祖の「なかむら」さんの方は、ほったて小屋みたいな建物だった時代にも、もちろん行ったことがあるし、きれいになってからも行ったことはあるけれど、相棒クンが昔から「宮武派」だったので、どうしても、「なかむら」へ行く機会は少なかった…(;´・ω・)

ここは、まだ新しいんだけれど、「場所も代も変わってしまった宮武」…では、昔のようには満足できないこともあってか、こちらのお店へは、けっこう来ているかも。
冷たいのは初めて食べたが、ここのうどんは細いからか、冷たい方が合うような気がする。

さぬきうどんというけれど、ホントに美味しいうどん屋さんは、実は高松市内には少ない。
市内で満足できる、数少ないお店のひとつ。

相棒クンは、ざるの中 380円
ワタクシは、ひやかけ小 230円とちくわ天100円(ちくわ天の値段は…相棒クンが払ったので、正確な値段ではないかも(^^ゞ)

ごちそうさま。




うどんで満足した後は、「ピカソ展」へ。

ピカソ-1 ピカソ-2

3月からやっていて、行こう行こうと言いながら、気がついたらもう展覧会が終わりそう。
前売り券は買っていなかったんだけれど、受付でJAF会員証などを持っていませんか、と聞かれ割引いてもらえた。
ラッキー(^O^)/

ワタクシ、思いがけず、陶器作品に大きいパワーを感じた。
相棒クンは、ピカソの姿そのものに(彼の写真がかなり展示してあった)迫力を感じたそう(笑)

そういえば…この香川県立ミュージアムの建物内へ入ったのは初めて?かも。
ここの駐車場は、県民ホールへ行くときに、こちらの方がホール自体の駐車場より便利なので、よく使ってるけれど。

以前は、歴史博物館だったか、資料館だったか、確かそういう展示施設だったはず。
その時代には、全然ご縁がなくて…('◇')ゞ

昔の県立美術館的存在だった文化会館より、ず~っといい施設。

[edit]

今まででいちばん好みなので… 

今度は温かい方も食べてみた。
だって…ホント美味しかったし、今まででいちばん好みのうどんだったから。

須崎食料品店のうどん 「温・小 生卵」 230円
温-1 

卵を混ぜた状態。
個人的には「温・卵」にはダシのみで、ネギもしょうがも不要(だと思う)。
温-2


なんで休みの日、朝7時に起きて1時間半以上もかけてうどんを食べに行かなきゃならないんだ、と思いながらの車中だった(^_^;)
しかも、前回はたまたま午前中にこのお店がある方面に用事があったからなんだけれど、今回は、何のついででもない(;´∀`)


さて…。
邪道(^^ゞの釜たま。
うどん店で釜たまを食べるのは、人生で2度目? いや、3度目か?
とにかく釜たまは、まず食べない。

想像した通り、うどんの味がしっかりしているから、卵がうどんを邪魔してるという感じはなかったものの、次はやっぱり卵要らない…かな。

冷たいうどんにコシがあるのはあたりまえだけど、ここのうどんは「温」の方も、素晴らしいコシ(^_-)
「あつあつ(温かいダシに温かい麺…つまり、かけうどん)」が好きなワタクシとしては、自分好みのダシ、さらに自分好みのおあげさんがある店に、ここの「温かい麺」を持ち込んで食べたくなってしまった(笑)

それはムリだけれど、ここのお店、マイ醤油を持参する方はいらっしゃるらしい。
ってことは、自分好みのダシを作ってポットに入れたものを持参して、あつあつで食べることは不可能では…ない?(苦笑)
もちろん、そんな失礼なことはいたしませんが。

相棒の助言に従って、先に「温」を食べ、食器を返してお金を払い、そして「冷」を追加注文。

「冷・小」 200円
冷

このお店、セルフ店にしては珍しい「後払い」方式。
前回は、並ばなくてもすぐに食べられたが、昨日は最初の「温」注文の際は10人ほど並んでいた。
追加の「冷」のときに並ばなくてよかったのはラッキー。

「温」も「冷」もめっちゃ美味しくて、ホント大満足。
ごちそうさま。

平日だし、時間もまだ10時頃だったから、この程度の行列だったのだろうけれど、土日はどうなのかな。
前回も今回も県外ナンバー(それも四国外)の車の方が多かった。
大阪や姫路、北九州ナンバーもいたけれど、みなさん何時にお家を出てきたの?('◇')ゞ

ネットの影響は、やはり大きいみたい。

[edit]

今まででいちばん好みのうどん 

以前から何度も書いているように、ワタクシ、元来うどんはそれほど好きじゃなかった。

結婚した相手が、うどん・ラーメン・そうめん・そば・パスタ…と、とにかく麺類大好き人間で、昼食は麺類以外は食べないヤツ。
しかも住んでいる場所が場所(苦笑)。
しかたなくうどんを食べるようになった。

最初の頃は、うどんなんて所詮小麦粉と水と塩で作ったものなんだから、どこの店で食べても大差はない、そう思っていた。
そして、うどん(麺)そのものを味わおうなんて思わなかった。
味を感じるとしたら、出汁、もしくはトッピングだけ。

うどん自体の美味しさを味わうということを知らなかった…というよりも、うどんそのものに味があるなんて思っていなかった。


しかし、人は成長する(笑)。

気がつけば、次第にうどん麺の味がわかるようになっていた。
そして、自分の好みのタイプのうどんもわかってきた。

昨日食べたうどんは、今まで食べた中でいちばん美味しい、いちばん好き、と感じたうどん。
       ↓
須崎5

須崎4

須崎3

須崎2

須崎1


須崎食料品店 

香川県三豊市高瀬町上麻3778
定休日 水曜日
営業時間 9:00~11:30頃 


相棒クンはこのお店を以前から噂では知っていたものの、探しても場所がわからなかったそう。
ネットで、正確な住所を確認して、ようやく行くことができたとか。
あくまで食料品店であり、うどん店としての看板はない。

我が家からは遠いし、営業時間が短いので、ワタクシもやっと行くことができた(^O^)/

写真のうどんは、冷の大。
本来は、温かいかけうどんが基本のワタクシ。
しかし、ここはかけうどんはなく、メニューとしては、(だし)しょうゆうどんのみ。
麺は温か冷を選べるが、相棒クンが、ここのうどんは絶対に冷たい方だと、また、小では物足らなくて、もう一杯食べたくなるはずとおっしゃるので、素直に従った。

トッピング用に生卵や温泉卵があったけれど、我が家のふたりは、卵はうどん本来の味がわからなくなる(釜玉は邪道だと思っている…苦笑)ので、当然ふたりとも卵は選ばなかった。
うま味調味料も置いてあったけれど、もちろんそんなものはまったく要らないっ(^^ゞ

ネギとおろししょうが、そしてだししょうゆのみ。

美味かった。
うどんの味がしっかりしていて、驚くほどのコシ。
これほど美味しいと思ったうどんは今までない…と思った。
ホント美味しかった。
ごちそうさま<(_ _)>

相棒クンは、冷の大がいちばんと言うが、ワタクシ的には冷・小を食べた後で、温・小に温泉卵をトッピングして食べてみたい気もする。
あれほどのうどんならば、卵が入ってもうどんの味はしっかりわかるはず。


食料品店の傍らの空間を利用したうどん屋さんというか、本来なら食料品店の売り場で玉売りするうどんを、その場で食べさせてもらえるちょっとした場所があるというか、そんな感じのお店。

[edit]

第2000回 「最近良いことありましたか??」 

FC2トラックバックテーマ 第2000回 「最近良いことありましたか??」



五木寛之さんの「どんなに小さなことでもいいから一日に一回、喜ぶこと」という言葉を知ったとき、すでに自分の中のマイナス感情のメカニズムはだいたいわかっていたので、こんなの簡単じゃん…と思った。

…が、やはり修業が足りないみたいで、一日一回必ず喜んできたかどうかは自信がないけど(^^ゞ



さてさて。
最近のささやかな良いこととは、屋台の若松さんで初めて食べたメニューがとても美味しかったこと→「以前の記事」


焦がし味噌
     ↑
焦がし味噌ラーメン
ラーメンは、ガツン系が好みなので、だいたいこういうメニューがあれば選ぶ。
味はしっかりでも、野菜がたっぷりで、全然もたれない。

ピリ辛
     ↑
ピリ辛ラーメン
こちらは辛い物大好き人の相棒が注文。
少しスープを飲ませてもらったけど、それほど激しい辛さではなく、旨みのある辛さ。


この日は、お店の外観の工事中だった。
元々、中はきれいにされているのだから、これでもっとお客さんが増えるかな。

ごちそうさま(^O^)/

[edit]

味覚 

このタイトル名は前にも使ったことがある。
あるお店で食べたうどんについて書いたとき→「以前の記事」とその翌日の「続きの記事」

今日のこの記事も、そのうどんについて。

味覚は人によって違う。
それはもちろん承知している。
でも、ブログカテゴリに「さぬきうどん&ラーメン」がある以上、触れないのは何だか卑怯な気もする…。














-- 続きを読む --

[edit]

めんくい…Ⅱ 

先日、うちの麺食い人が、そう頻繁には行かないうどん屋さんへ行ったときのこと。
かけうどんの小(一玉)を頼んだら、奥さんがそれでは足らないだろうというそぶりをみせ…。
そして、余り物というか半端になった小さい天ぷらをうどんに2つものせてくれて、お金はかけうどんの小の分しか取らなかったそう。

麺食い人も、最近はもう若くないから、うどん一玉でじゅうぶんなときもあるらしい。
でも、おそらく身体がでかいものだから、足らないだろうと思っておまけしてくれたのかな。

また別の日に、これまたしょっちゅうは行けない場所にあるうどん屋さんへ行ったときのこと。
まだ誰もお客さんが来ていない開店そうそうの時間に「おはようございます」と挨拶だけして、まず手を洗いに行ったとか。

うどん国のうどん屋さんでは、お客さんが自分でしょうがをすりおろすお店もあるので、入り口に手を洗う小さな洗面台が設置されているお店が多い。

手を洗って厨房の前へ戻ったら、注文はまだしていないのに、なぜか、かけうどんの大がちょうどできあがる頃…。

ホントはその日は別のメニューにしようと思ってたけれど、麺食い人は何も言わず、セルフ台の天ぷらをひとつ取って、かけうどんの上に乗せて、支払を済ませたそう(笑)

そのお店では、かけうどんの大と天ぷらを食べる確率は高いものの、必ずそうというわけでもないのに、以前にも同じことがあったとか。


ワタクシが一緒に行った時は、お店の大将は何にします?と聞いてくれたけど(笑)

[edit]

ようこそ!

文字を大きく・小さく

プロフィール

カテゴリ

お気に入り

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カレンダー

月別アーカイブ

FC2カウンター

メールフォーム

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

Powered By FC2ブログ