fc2ブログ

からっぽの青春

category: LIVE記録(落語 他)  1/2

柳家喬太郎独演会@レクザム小ホール

公演日 2024年2月18日会場   香川県民ホール(レクザムホール)小ホール数年前、サンポートホールでの独演会で「初天神」を聞いてこの方のファンになった。「初天神」は他の噺家さんでも何度か聞いたことがあるけれど、聞き手側としては、落語家が子供を演じているということを楽しく見聞きしているうちに気がつけばその世界に入り込む。でも、それはあくまで想像の世界。ところが、喬太郎さんの「初天神」は子供を演じている喬...

  •  0
  •  0

第4回観音寺青柳寄席@ハイスタッフホール

公演日 2023年9月24日会場 観音寺ハイスタッフホール 大ホールテレビの「お城」の番組等ではよくお見かけするものの、昇太師匠の落語を聴くのは初めて。やっぱりというか当然なんだけれど、非常に巧い。一方、小朝師匠は毎回違うタイプのものを聴かせてくれる。好きな噺家さんというわけじゃないm(__)mものの、本当に巧い方だと思う。だから聴くために何度も会場に足を運ぶ。開口一番の昇ちくさんの「転失気(てんしき)」...

  •  0
  •  0

神田伯山 独演会@美馬市地域交流センターミライズ

公演日 2023年9月2日会場   美馬市地域交流センターミライズ (徳島県美馬市脇町)夏になると半田そうめんを求めてこの周辺に行くことは多いが、この会館は知らなかった。ショッピングセンターと隣合わせで地域の人にとっては便利だろうなと思う。この独演会のポスターは美馬郡つるぎ町貞光の道の駅のトイレへ立ち寄ったとき、相棒クンが見つけた。調べると美馬市民が優先の先行チケット販売で、その後一般発売の予定は...

  •  0
  •  0

ざ・吉弥噺

公演日 2023年6月11日会場   丸亀市生涯学習センター個人的には涙が出るほど笑った、笑った、笑った…(*^▽^*)しかしながら…。こじんまりとした会場なのに満席ではなかった。吉弥さん、とても素晴らしい噺家さんなんだけれど…。これがよしもとライブならば、この県内でもおそらく満員御礼。想像力が必要な落語は今の時代必要とされないのかな?「真田小僧」は子供が悪知恵を働かせ。小遣いを得るために父親を手玉に取る話。「天災...

  •  0
  •  0

落語 三人噺

『春蝶・吉弥と一之輔 三人噺』公演日 2023年4月28日会場  大阪市中央公会堂 大集会室大阪へはつい先日行ったばかりだったけれど、こちらのチケットはエレカシ公演よりもずっと前に手配済み。遠征から帰ってきてまたすぐ出かけるというのは、「押し」がいて遠征を余儀なくされる地方在住者にとってはしかたがないこと。チケット代以外に、交通費や宿泊費が必要で、これこそが「格差社会」だと思う(笑)が、それでも大都会...

  •  0
  •  0

古今亭菊之丞・桃月庵白酒 二人会

公演日 2023年2月5日会場   三木町文化交流プラザ メタホール...

  •  0
  •  0

立川志の輔 独演会

公演日 2022年11月12日会場   レクザムホール(小ホール)第21回玉藻寄席ここのホールは会員になっていないので、一般でチケット確保。自宅のPCで空席状況を見ながら、購入できて気軽なのだけれど、この会場のこの分野での最近の客のマナーの悪さが気になっていた。テレビに出ている人だから来た…みたいな客が多い場合、私語があちこちから聞こえてきたり、マナーモードにすらしていない携帯の呼出音(落語や講談だとバイブ...

  •  0
  •  0

第20回玉藻寄席 神田伯山独演会@レクザムホール 

公演日 2022年9月23日会場 香川県民ホール (レクザム小ホール)今いちばんチケットが取れない講談師の神田伯山さんの独演会。さすがほぼ満席。ところが、最前列の2席が空席。さっそく伯山さんの恰好のネタにはなったけれど(笑)なんともったいないこと。落語会での一席として、何度か聴いたことがある講談。でも、独演会は初めて。講談は、今までの経験からだと、声を強く張り上げるイメージだったので、ひとりが何席も演れ...

  •  0
  •  0

立川志らく独演会

公演日  2022年3月4日公演場所 レクザムホール(小)この落語家さん、正直に言うと、個人的にはテレビで拝見していても、あまり好きにはなれない。しかし…。以前に生でその落語を聴いたとき、非常に巧みな噺家さんだとは思った。その印象は、今回も同様。めっちゃ笑ったし、人情噺の「紺屋髙尾」では、ちょっとうるっとした。ただ、「親子酒」でのお酒の呑みっぷりの場面だけは、今ひとつ。話術もしぐさも非常に巧みなのに、呑む...

  •  0
  •  0

狂言会

公演日  2022年2月17日公演場所 サンポートホール高松本来は、2020年3月5日に行われるはずだったサンポート狂言会。延期ではなく、中止。チケットを取るのに、寒い時期の発売日に、窓口前で1時間も並んだ(当時は、ネットより窓口発売が優先だった)というのに、コロナのせいで中止になり、払い戻しもけっこう面倒だった記憶。ようやく2年後に改めて開催が決まったのが、昨年夏の終わりだったか…。今回はネット予...

  •  0
  •  0

桂米朝一門会@サンポートホール高松

公演日  2022年2月5日公演場所 サンポートホール高松 大ホールコロナ感染者数減の気配もないけれど、この公演に関しては、わりと早い段階でサンポートホールのホームページに予定通り開催する旨のお知らせ。独演会ではなく、桂米朝という超・有名な一門の落語会なので、大ホールでの開催。この一門の落語会は、かなり以前に金丸座(旧金比羅大芝居)で観たことがある。もちろん、ざこばさんも南光さんも参加されていたが、その...

  •  0
  •  0

月亭方正独演会@ユープラザうたづハーモニーホール

1/22(土)は宇多津で月亭方正さんの落語独演会。日々感染者が増えて、どうなるのかな?と心配だったけれど、当日になってもホームページ上でのチケット発売中の記載は消えていなかったので、会場に問い合わせることもなく出かけた(苦笑)落語会がよく行われるサンポートホール高松の小ホールだったら300人程度の収容人数。600人ほどのキャパのここの会場は、落語独演会を行うには少し大きすぎる。コロナ感染増もあり、キャパが大...

  •  0
  •  0

三遊亭小遊三独演会

公演日   2021年11月23日公演場所  三木町文化交流プラザ小遊三さんは、「笑点」の方というイメージ。番組自体はあまり見ないけれど(;´∀`)開口一番の遊里さんの「道具や」は、声は非常に通るものの、あまりにも見事すぎる一本調子(´;ω;`)落語はただ正確に話を進めるのではないと思うのだけれど(~_~;)この時点で、今回の落語会は期待できないな、と思ってしまったのはここだけの話。しかし、小遊三師匠の「鮑のし」はさすが。...

  •  0
  •  0

ナイツ独演会@三豊市文化会館マリンウェーブ

2021年10月23日は、三豊でナイツ独演会。落語会には時々行くけれど、漫才を生で聴くのは初めて。マリンウェーブの友の会会員ではないけれど、観音寺ハイスタッフホールの会員枠で、先行販売初日にチケットゲット。結局、最終的にはチケット完売だったそう。落語会では、噺家さんってすっごい体力がいるだろうな、といつも感心するけれど、このおふたりの独演会も体力勝負?(笑)次々と繰り出されるネタに、こちらも笑いの連続。2...

  •  0
  •  0

ちりとてちん

2日(土)は立川志の輔師匠の落語独演会7月末会員先行発売日に、めっちゃ早起きして会場のハイスタッフホールまで出向き、チケットを購入。かなり早く行ったつもりだったのに、もう会館の扉は開いており、もらった整理番号は11番?か12番?…だったか。ちょっと焦った。落語であっても最前列を望んではいない。が、お気に入りの席番はある。でも早々と来ていた方々は、やっぱりなるべく前がご希望のようで…。我々的に「いい座席」は...

  •  0
  •  0

とうげつあんはくしゅ…

サンポートホールの会員情報で「桃月庵白酒」独演会という案内を見たとき、まずは白酒を「はくしゅ」とは読まなかった(読めなかった)。私の頭の中では、まず白酒=しろざけと読んでしまったので、しろざけと言えば、桃の節句。なので、桃月庵が、「とうげつあん」とは読めず、ももつき? ももげつ?…状態(◎_◎;)それくらいこの噺家さんは知らない方だった。しかし、この落語会、とても楽しかった。白酒さん、非常に声がよく、滑舌...

  •  0
  •  0

笑福亭鶴瓶落語会@レクザム小ホール

この落語会のことを知ったのは、コロナの感染が少し落ちついていた10月初旬。地元感覚で日帰りできる岡山での公演だったとしても、おそらく行ってはいない。県内のホールだからこそ行けた。興味のあるイベントやコンサートには、ほぼ「遠征」でしか参加できない「地方在住者」は、コロナが憎い。そして、鶴瓶師匠には、香川で落語会をやってくれて本当にありがとうと言いたい。でも、また前のような状況に戻りつつある地域が増えて...

  •  0
  •  0

『春風亭一之輔独演会』 @レクザムホール・小ホール

2/9(日)は春風亭一之輔師匠の落語会。この会場(香川県民小ホール)…何度か入ったことはある(例えばSOPHIA 2007年 香川公演など…)けれど、今回の座席に座ったことで、意外とキャパが大きいことに気がついた。ここの会員じゃないので、昨年に続いて、また今年も一之輔師匠の落語が聞けるなんて知らなかったんだけれど、昨年末に観音寺のハイスタッフホールでいただいた中に、この落語会のフライヤーが入っていた。翌日、すぐに...

  •  0
  •  0

落語

7月28日は落語会。40回記念だったそう。年に3回開催で40回…花丸さんもここまで続くことが凄い、とおっしゃっていたけれど、ホントそう。今回の演目        演目のすべてを知っているわけじゃないので、いつも噺の内容から、演目を調べている。間違っていたらごめんなさい。南天さんの落語は、涙が出るくらいの笑い。花丸さんの「幸助餅」は2度目。これは、知っていても涙なくして聴けないお噺。...

  •  0
  •  0

今日のライブは…落語

平日ではない朝の早い時間の番組でお見かけする喬太郎さん。今日のような落語会での目的は、名前と顔を覚えてもらうこと…とおっしゃっていたが、大丈夫です。私たち、以前からじゅうぶんお顔もお名前も…存じ上げておりやす(笑)噺家の方々は、頭の回転が速い、ということは重々承知。喬太郎さんも、けっしてご多分に漏れず…。チケットは完売と聞いたのに、最前列にふたつも空席があるのは、ネット転売に失敗したんでしょうか?…な...

  •  0
  •  0