からっぽの青春

09/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./11

第2322回「出身地や居住地のご当地グルメは何ですか?」

第2322回「出身地や居住地のご当地グルメは何ですか?」



一週間のご無沙汰でした(笑)
めっちゃハードな一週間ではございましたが、今のところ寝込むこともなく…(^_^)

たった一週間の間に、また北の方から物騒なものが飛び越えて行ったし、でっかい台風が向かってくるらしいし、あまり平穏とは言い難い日々。
個人的にも、まだしばらくバタバタが続きそうで、平穏とは言い難い日々(;'∀')




さて、本日のお題。

居住地のご当地グルメは、やっぱり「うどん」?(''◇'')ゞ
ここでずっと言い続けているように、「うどん」はけっして好物じゃないけど、それでも「うどん」に関しては一家言あり(笑)人間。

ま、今日は言わないけどね(;^ω^)


ということで…。
出身地の方のグルメの話。


出身地の松山の食べ物でパッと思いつくのは、「駅弁:醤油めし」 と「緋の蕪」

松山駅構内で買える鈴木弁当さんの「醤油めし」は大好物。
先日のJR乗車の際、松山駅で特急いしづちから、特急宇和海への乗り換えを急ぎながら、ホームで駅弁の立ち売りさんを探したけれど、いなかった。
構内に、以前になかったコンビニがあったから、そこにはあったのかも。 
買えなくて、残念。

「醤油めし」…これは、なんてことないごくありふれた炊き込みご飯。
幕の内弁当が、まったく好みじゃないワタクシには、とってもありがたい駅弁(^^ゞ

「緋の蕪」…赤カブの漬物。
子供の頃から、この漬物は松山城が見える場所で栽培された赤カブじゃないと、この「緋の蕪」独特の色が出ないと聞かされていたけど、たぶんそんなことはないと思う(苦笑)
お正月のおせちは嫌いだったけれど、「緋の蕪」だけは大好きだった(^_-)



category: 美味しいもの

[edit]

page top

第2310回「夏の定番おでかけスポットと言えばどこですか?」

FC2 トラックバックテーマ:「夏の定番おでかけスポットと言えばどこですか?」



昨夜は暑くて、夜中に何度も目が覚めた。
窓は全開、足元には扇風機からの風もあったというのに、途中で着替えたほど。

朝起きたとき、あまりの暑さで、すぐにエアコンのスイッチオン。
朝食時にエアコンから涼しい風が出ていたのは、我が家初(-_-)

そんな一日の始まりだったけれど、それ以降、気温は逆に下がったみたい。
いつもなら、昼前にエアコンのスイッチオンが、今日は逆。
昼前にスイッチオフでした!

エアコンなしだとやっぱり身体が楽。
ま、何度も着替えは必要だけれど(''◇'')ゞ

そういえば、今日はつくつくぼうしさんの鳴き声が、なんだか力強いと感じる。
気のせい?(笑)




さてさて、本日のお題…「夏の定番お出かけスポット」…は、やっぱり「田舎の家」ということになるのかな。
実際には、母をその家から連れ出して、宿に泊まるんだけど。
以前は観光的要素もあったけれど、最近は主にひとり暮らしの母の生活サポートが目的。


今回は渋滞を避けるため、田舎にたどり着くまでに、まず松山で前泊。
もちろん、美味しいものもいただきました。


田舎へ帰ったら、「和食」が続くので、イタリアンのお店をネット検索。

松山は高松よりは大都会(←だってデパートがふたつもある。 でも人口が多いのに、大型ショッピングセンターがほとんどない。 うどん国のSCが多すぎるんだとは思うけど、松山の人は庶民的なお買い物はいったいどこでするんだろう?)

食べ物屋さんに関しては、高松にはけっしてないような都会風のお店が松山にはたくさんある。
選ぶのが大変。
でも、下調べの段階で、相棒クンがたぶんここを選ぶだろうな~と思ったところへ(;^ω^)

2017-08-16-2.jpg 2017-08-16-3.jpg 2017-08-16-4.jpg

2017-08-16-5.jpg 2017-08-16-6.jpg

生ハムや魚・地鶏料理などすべて美味しく、あまり高くないワインの味も上々。
おなかいっぱいで、パスタやピザまではいかずじまい(苦笑)

パラディッソ
愛媛県松山市二番町1-10-1

月~土 17:30~03:00
日・祝  17:30~24:00




田舎へ帰ってからの、美味しいもの。
鹿野川荘さんは、公共の宿。
安くて、めっちゃ美味しい食事がいただける。
ここの牛肉料理は、ふだんは牛肉が食べられないワタクシもOK(^_-)
温泉もいい。

2017-08-16鹿野川荘1-1

2017-08-16鹿野川荘2 2017-08-16鹿野川荘3

2017-08-16鹿野川荘5 2017-08-16鹿野川荘6 2017-08-16鹿野川荘4

大洲市交流促進センター 鹿野川荘
愛媛県大洲市肱川町宇和川588―1




松乃屋さんは、内子町の老舗旅館。
食事は、地元の食材でのオリジナル懐石で、またこれがめっちゃ美味しい。
古い小さな宿ながらも中は綺麗、設備も近代的。

いつものごとく、酔っぱらったので、お料理の写真が途中までしかないみたい<(_ _)>
基本は和食ながらも、洋風アレンジのものもあって、ホント美味しい。

2017-08-16内子1 2017-08-16内子2 2017-08-16内子3


ここの朝ごはんは、郷土料理のさつま飯なんだけれど、おかずも充実。
お昼が要らないくらい、お腹いっぱい。

2017-08-16内子4


旅館 松乃屋
愛媛県喜多郡内子町内子1913番地



以上、ごちそうさまでした<(_ _)>


category: 美味しいもの

[edit]

page top

大きいことはいいこと……なのか?(笑)

つい先日、「大きいことはいいことだ!」という、とっても懐かしいフレーズをどこかで聞いたんだけれど、どこで聞いたんだっけ?

昔のことはよく覚えているのに、直近の記憶が曖昧なmikelanです(;´▽`A``


今日は、田舎の母が育てた野菜をたくさんもらってきたから、その下処理に追われて疲れ果てたので、なおさら頭が働かない。
あ、頭が働かないのはいつものことでした(苦笑)



いちばん苦労したのは、このでっかいかぼちゃ(横に置いた缶ジュースと比べたら、その「でかさ」が想像できると思いますが…)の処理。
電子レンジに入る大きさじゃないので、とにかくまずは切るしかない。
かぼちゃは、必ずまるごと買うので、切ることにはけっこう慣れているんだけれど、さすがにここまで大きいと…ね(;'∀')
わたやたねを取り除いても、いちばん大きい鍋には入り切らなかったから、2度に分けて下処理。

2017-08お盆1


この大きさのをふたつももらってきた。
かぼちゃは、切りさえしなければ、この季節でもしばらくは常温で大丈夫。
とりあえず、1個を茹でて、バターと醤油で下味をつけ、冷凍するつもり…だったんだけれど。
フリーザーバッグが全然足りないじゃん:(;゙゚''ω゚''):

2017-08お盆2

category: 美味しいもの

[edit]

page top

夏バテ防止?

主治医によると、私の血液検査の結果は、ひとつを除いていつもほぼ問題ないそう。

問題があるのは、脱水気味の状態が一年中続いているということ。
血液検査で身体の脱水状態までわかるなんて知らなかった。

毎回、診察日には、もっと水分を多く摂ってください、と言われる。
とても汗かきなので、しょっちゅう水分補給はしてるつもりなんだけれどね…(;^_^A

確かに、最近は若い頃みたいに大量の飲物が喉を通っていかなくなったような気はしている。
しかも、この時期に必要な塩分補給に効果のあるスポーツドリンク系が、あまり好きではない。


現在、いちばん喉に入りやすいのは冷たい日本茶かな。
お茶と、みょうがの茎の甘酢漬けで、この暑さをなんとか乗り切ろう(;^ω^)

2017-07-26.jpg




甘酢って元々大嫌いだったんだけれど、近年は、らっきょうだとか、生姜・みょうがの甘酢漬けが美味しいと思うようになった。
つまり…年寄りになったということらしい(笑)


実は、甘酢を作るときのあの匂いは、今でも大・大・大っ嫌い。
元々、酢と名のつくものは、梅酢と柑橘酢以外のすべてが嫌いで、それがさらに甘いなんて信じられない。





田舎で、法事などの行事があるときは、嫁としては絶対に、ちらし寿司作りを手伝わなきゃいけない。

手伝いの度に、大げさじゃなく毎回死ぬ思い。
何度目かのそういう行事ごとの際、私はこの匂いが死ぬほど嫌いなのでもう手伝わない、ときっぱり宣言したら、親戚のおばちゃんたちの中に、実は自分も嫌いという人がいて、ちらし寿司に関しては、本当に食べたい人達だけで作ってくれることになった。

酢飯嫌いの私たちが、せっせと塩むすびを作ったら、結果としては塩むすびの方があっというまになくなって、ちらし寿しが大量に残った。
男の人は、ちらし寿司が好きじゃない人が多い?

大量に余ったのをどうするんだろうと思ったら、ちらし寿司大好きおばちゃん達は、一粒たりとも残すことなく、きれいに折箱に詰め、お持ち帰り(苦笑)



家で甘酢を作る際は、火を入れたときに発生するあの匂いがとにかくイヤなので、息をしないようにして作る(苦笑)
今回は、たまたまみょうがの茎の大袋入り90円の商品横に、らっきょう酢の安売り商品が置いてあり、それを使ったから超・簡単。
残ったらっきょう酢できゅうりを漬けたら、これまた美味しい(^_^)


だからといって、やっぱりちらし寿司だけは作りません、そして食べません!
あ、海鮮ちらし寿司だったら、食べるけど(笑)

category: 美味しいもの

[edit]

page top

第2285回「食べてみたいものは何ですか?」

FC2トラックバックテーマ 第2285回「食べてみたいものは何ですか?」



そこそこ長く生きていても、まだ食べたことがない食べ物はたくさんある。
そうはいっても、そこそこ長い人生経験の中で、そこそこ美味しいものも、そこそこいただいてきているわけで…(笑)

だから、ぜひ一度はこれを食べてみたい…とまで思うものは、そんなにない(ような気がする)。
少なくとも、すぐには思いつかない。


ということで、お題とは反対に…積極的には食べない(食べたくない)食べ物について(あまのじゃくなもので、すぐにこういう発想が湧く…笑)書こうと思う。


ワタクシが積極的に食べることがないのは…もちろん(笑)うどん!
しかし、そういうワタクシにも、数年に一度あるかないかくらいなんだけれど、今日は釜揚げうどんを食いたい~(;^ω^)という気分の日がある。

先日久しぶりに、ジャンボうどん高木さんで釜揚げを食べた→ジャンボうどん高木の以前の記事「ジャンボうどん高木」

わら家の釜揚げうどんが、とっても残念なことに、今どき流行りのもちもち感たっぷりのうどんに変化して以降、釜揚げでお気に入りの店は、もうここしかない。→昔のわら家についての記事「わら家」

このお店、サイドメニューでおでんはあるものの、うどんメニューは釜揚げ、ざる、そしてぶっかけのみ。
釜○○なんていう、邪道メニューはもちろんないっ!(笑)

久しぶりの釜揚げうどんに満足し、それからドライブがてら野菜・果物の豊富な道の駅へ行き、さて山の中の近道から帰ろうとしたら、相棒クンが何とかという名前のうどん屋が、この辺りのはずなので、場所を確認しておかなくっちゃ…と。

何とかという名前ではわからない…が、店名以外の相棒クンの記憶は大したもの。
テレビ番組で見た、材木屋さんが山奥で始めたうどん屋さんだとおっしゃる。
ワタクシもその番組を見たような記憶はあったが、番組名もその内容も、ほとんど記憶に残っていない。

うどんに関することには、最大の能力を発揮できる相棒クンの記憶に基づいて、スマホで検索した結果、店名も住所もすぐに判明。
車のナビ子さんの「目的地周辺です」…の案内は、かなり手前だったけれど、なんとかたどり着く。

ジャンボうどん高木さんで、ジャンボ(釜揚げ4玉)を分け合って食べていたんだけれど、ワタクシは熱いかけ、相棒クンは冷かけをペロリ。

個人的な好みからすると、めっちゃ好きとまでではないものの、じゅうぶん美味しくいただきました。
ごちそうさま。

かなりの山奥なのに、もくざいやさんの方で木の香りをいっぱい感じて、駐車場へ出たら、うどんやさんの店内に、たくさんのお客さん!

2017-06うどん1

2017-06うどん2

2017-06うどん3




うどんやさん  いなもく
香川県綾歌郡綾川町枌所西甲1420-3
同じ場所で もくざいやさん(木工品販売)も営業中。

営業時間 10:30~14:00
定休日:木曜日

category: さぬきうどん・ラーメン

[edit]

page top

西高東低…だけど例外も(^^ゞ

「うどん県」で売り出し中の、さぬき国ではありますが、実は美味しいうどん屋さんは西讃地区に集中。
県内の東側には、食べたいと思える店があまりない。
もちろんこれは、我が家的好みから…そう思うだけなんだけれど_(._.)_


今日のお出かけ先は淡路島。
気まぐれ家族なので、今日の予定も、朝起きてから、そうだ、淡路島へ行こう!と、決まった。

従って、お出かけ計画も大雑把。

まずは朝食。
もちろん、うどん(笑)を食べるつもりなんだけれど、行先が東方面…ということは、選択肢がとっても少ない。

事前にささっと調べた限りでは、今日が定休日ではなく、しかも朝早くから営業していて、さらに、お金を払うに値する(と思っている)うどん屋さんが一軒。
が、到着してみれば…まさかのお休み(;´・ω・)

ま、こういうことは、行きあたりばったりの我が家にはよくあること。

腹減った~と言いながら、道沿いのうどん屋さんに目を向けるが、時間が早すぎて開店前のお店がほとんど。
たまに開いているお店があっても、相棒クンがそこは不味い、と一刀両断(*´ω`*)

ということで…。
気がつけば、県内最東端のうどん屋さんの前へ来てしまった。

相棒クンはかなり美味しいお店とおっしゃるが、ワタクシの過去の記憶では、フツーに食べられるうどん屋さん(苦笑)という印象。
ワタクシ、基本的にうどんは好きじゃないので、フツーくらいでは、それほど気乗りはしない(;´∀`)

しかし…。
ここに入らなければ朝食抜き。


幸いなことに、今日は腹減ってた…からだけではなく、とっても美味しかった。
相棒クン曰く、ちょうどあげたて(ゆでたて)のいちばん新しいうどんだったこともあって、特に美味しかったのでは?…と。

ワタクシがトッピングに選んだ、油揚げとこぶ天もいいお味。
油揚げやこぶ天の美味しいお店って、実はそれほど多くない。

2017-06-13うどん1


かけうどん小・ざるうどん大・げそ天・油揚げ・こぶ天。
以上、ふたり分で870円也。

ごちそうさま。


店名は、その名もずばり「うどんや」(通称「海の見えるうどんや」…相棒クン曰く)
客席の目の前が海(^_^)

2017-06-13うどん2


「うどんや」
〒769-2904
香川県東かがわ市坂元236-1


営業時間 [月~金] 8:30~15:00
[土曜・日曜・祝日] 8:30~16:00
日曜日 営業
定休日 無休(12月31日休)

category: さぬきうどん・ラーメン

[edit]

page top

びっくりPOM!

相棒クンが見つけてきた河内晩柑のゼリー!
あのPOMジュースの会社の期間限定商品。

2017-04ゼリー1

コンビニのペットボトル飲料が入っている扉の中に、他のペットボトル飲料と並んで普通に置いてあったそう。
ゼリーという表記は目には入ったものの、まさかこの容器でゼリーってことはないだろう、と買ってみたら、ホントにゼリーだったとか。


話だけ聞いても、ペットボトルに入ったゼリーなんて、にわかには信じられなかったけど…。
先日のお出かけの際、コンビニで見かけたので購入。

ペットボトルのままでも食べられない(飲めない…苦笑)ことはないけれど、家なので器に移して、美味しくいただきました!

2017-04ゼリー2


ごちそうさま(^_-)-☆

category: 美味しいもの

[edit]

page top

第2242回「桜餅の葉は食べますか?」

FC2トラックバックテーマ 第2242回「桜餅の葉は食べますか?」



冬ごもりしていた反動からか、一気に気ぜわしくなったみたい。
今月末頃までは、そういう慌ただしい日々が続きそうなので、今後もしばらくは、ブログ更新がおざなりになりそう(;^ω^)
本日は、とりあえずトラックバックテーマに頼って更新しておこう(苦笑)



桜餅の葉っぱを食べない人って、やっぱりいらっしゃるんだ(;´Д`)
あれを食べないなんて、さんまの塩焼きのはらわたを食べないのと同じくらいザンネンなこと!…だと、そう思っているけど。

あ、ちなみにうちの相棒クンはさんまのはらわたは絶対に食べないし、それは食べられるんだよ、と誰かに言ってもらわないかぎり、桜餅の葉っぱも食べない…はず。
そう頻繁に食べるものでもないけれど、これも食べられるから、とワタクシが毎回言ってあげないかぎり、葉っぱを外して食べようとする相模クンは、おそらく四角四面の「正統派人間」?…:(;゙゚''ω゚''):

category: 美味しいもの

[edit]

page top

食べる人は、ここにいます(笑)

扱っているお店があまりないので、見かけたら買う野菜のひとつに人参葉がある。

昨日、立ち寄ったスーパーの産直コーナーに置いてあることが多いので、そのコーナーへ。
先客がふたり。
ワタクシよりは少し若そうだけれど、間違いなく50歳は超えているだろうご婦人達。

人参葉を見ながら、ひとりの方が「これって、ここにときどきあるけど、食べられるんかね? 買う人いるんかね?  このちっこい人参も食べられるんかね? どうやって食べていいのか私らには、わかんないよね~」という声が聞こえてきた。
もうひとりも同じ気持ちのようで、頷いている。

あれ? このおふたりさん、人参葉を食べたことがない若い人だったのか?…と、思わずふたりの顔をもう一度見直した。
が、やっぱり50歳は軽く超えていそう(;^ω^)


ワタクシが黙って、人参葉を選んでカゴに入れたら、頷いた方のオバちゃんが、何か言いたげな顔をしてこちらを見た。



買う人います。
人参の部分も食べられます。
食べ方は、胡麻和えでも、サラダでも、炒り煮でも、ご自分達で工夫してみてくださいませ。

2017-02-22.jpg 

2017-02-22-2.jpg

人参葉のけんちん風
ちっこい人参だけでは彩りが足らないので、でっかい人参も使用(*^^*)

category: 美味しいもの

[edit]

page top

私にはジュース…(笑)

冷蔵庫の中に、見覚えのない飲物が入っていることがある。

見覚えがないってことは、つまり買った記憶がないわけで…。
記憶がないってことは、買ったそのときは、つまり酔っぱらっていたというわけで…。
酔っぱらって買ったということは、つまりその飲物も当然アルコール飲料なわけで…。



昨夜、自治会の集まりから帰ったとき、相棒クンはすでにビールを飲み終えており、今から自分用に1本開けても飲みきれない。
こういうときは、見覚えがない飲物だ…と探してみたら、ポンジュース入りの缶酎ハイという代物を発見(^_-)

ポン酎ハイ

アルコール分3%の表記に、ややがっかりしながら飲んだんだけれど、予想は当たった。

つまり…ワタクシには、ただのジュース(*‘ω‘ *)


缶酎ハイは、やっぱりアルコール度高めのストロング系がいちばん(;^ω^)


category: 美味しいもの

[edit]

page top