からっぽの青春

12/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./02

第1804回「カレーに入っている具、何が好き?」

カレーに入っている具で好きなものは…じゃがいも以外なら何でも好き。

じゃがいも自体は大好きなんだけど、ワタクシ流特製カレーにじゃがいもが合わない。

キーマカレーなんてものを全く知らなかった頃、ひき肉を使ったカレーを自分で考案し、だんだんと改良していって、現在の自分流カレーになった。
そのカレーに、カレー定番材料のじゃがいもを使うとおいしくない。

というわけでじゃがいも以外…(^_^)

我が家でカレーといえば、そのレシピで作るカレーのこと。
ひき肉以外に入れる主な具は、玉ねぎ、人参、しいたけ…。
あとはピーマンやなすも合う。

ごくフツーのカレーは、一年間で1回くらいしか作らないけれど、そのときだけ、でっかいじゃがいもをたくさん入れる(笑)

category: 美味しいもの

[edit]

page top

コンサート会場の座席番号

このブログへどういう経緯でお越しいただいているか、当方としても非常に興味があるので、検索キーワードの欄は、たまにチェックしてる。

その中で、大阪オリックス劇場となんばHatchと名古屋市民会館ビレッジホールの検索は、かなり多い。
そして、そのほとんどが、〇〇〇番台とか2階・3階席〇〇番とか、あるいは最後列席(苦笑)とか、席番・整番まで表示しての検索…(^_^;)

そのライブに期待が大きいほど、チケットを手にした瞬間から、どのくらいの見え方なのか、気にはなる方なので、検索する人の気持ちもよくわかる。
ワタクシの場合は、会場のホームページでの座席表確認くらいだけど…。

さて、今のところ決まっている今年のライブ。
2月の初めに地元のライブハウスで和田さんのPRISM。
2月末には、今年最初の落語会(笑…でも、これこそ究極のワンマンライブ)
同じく2月末に、地元の大きいホールでせっちゃん(斉藤さん)のライブ。
で、3月の初めが大阪でのRayflower。

幸か不幸か、どれも番号が気にならないライブ…(苦笑)

category: 雑記(日常・雑感)

[edit]

page top

かぼちゃ

例の農薬混入事件は、ようやく真相解明の方向?…。
とはいえ、パイシートを使った料理を作る気には、まだなれないでいる。


お正月に帰省したとき、相棒の母が作った高菜・葉つきのままの大根・じゃがいも・玉ねぎ・かぼちゃと大量にもらってきた。
傷みやすい葉物から次々と調理していき、残っているのは、もうかぼちゃ1個のみ。
じゃがいもも玉ねぎもたくさんもらったけれど、これらは調理方法が多い。
いろんな料理に重宝した。

問題は、かぼちゃ。
ワタクシ自身は大好物。
しかし今回は、でっかいのが2個も入っていた…(苦笑)


相棒クンは、いわゆる「おふくろの味」的な料理がキライな人(>_<)
肉じゃがは、かろうじて食べるけれど、かぼちゃの煮物だけは絶対に食べない。
かぼちゃ自体がキライなんだとか。

彼が、かぼちゃを使った料理の中で、文句を言いながらも一応食べるのは、サラダ・グラタン・パンプキンパイ…。

パイシートを使わずにパイ生地からパンプキンパイを作ったとしても、かぼちゃはキライなんだっていうことが顔に書いてあるはず…。
作る方としては、全然報われない(-_-;)

「母親」には、自分はかぼちゃがキライっていうことを一度も言ったことがないっていう状況を、かぼちゃはキライと公言されてるワタクシは、「オクサン」として喜ぶべきなんだろうか?(笑)

category: 美味しいもの

[edit]

page top

かうんたぁ~

ブログを開始後、カウンターがちょうど1000の数字になったとき、記念にと画面を保存した。
次の2000番のときは気がついたら数字が2000よりも進んでいて、キリのいい2222を保存。
今度は、3000か3333だ…と思っていたら、このときは全然気がつかないまま。

今回、2日くらい前だったか、この進み度ならば25日か26日には4444になるだろうと、気がついていたのだけれど。
あれっ? いつのまに?…(苦笑)

昨日のカウンター数は、記事内容のせいか、ワタクシ的最高数字デシタ…。
拍手までいただいております。
ザ・タイガースファンの皆様方、どうもありがとうございました。
すみません、たいしたこと書いていなくって…<(_ _)>

そして、SOPHIAファンの方々&そうじゃないけれど来てくださる方々にもお礼申し上げます。
SOPHIAファンではないらしいのに来てくださる方々は、なぜこの拙文を読んでくださっているのだろう?
当方としては、その理由を知りたい気もしておりますが…(苦笑)

category: 雑記(日常・雑感)

[edit]

page top

ザ・タイガース…

このタイトル名は、前にもつけたことがある…。

昨夜、ちょっと見だけするつもりだった「2013 ザ・タイガースコンサート」の放送を見始めたら、結局最後まで見てしまった。
それからお風呂へ入り、寝たのは11時半過ぎ。
いつもは「早寝早起きの良い子(^^ゞ」なので、今日は日中とっても眠たかった…(~_~;)

ザ・タイガース…以前の記事(ザ・タイガース)にも書いたけれど、ちょっとしたご縁はある。
同じく、やはり以前に書いたけれど、ジュリーのレコード(以前の記事)も持っていた。

前の記事に書いたとおりで、熱烈なファンじゃない<(_ _)>から、昨年の12月ころにライブやるんだな~くらいの情報しか知らなかった。
今回、たまたま放送を知って録画予約はしていたけれど、いつか気が向けば見よう…くらいの気持ち。

でも…。

いきなり「Do You Love Me」で始まり、次の曲が「Satisfaction」…って。
メンバー紹介後も「Yellow River」を演奏したかと思うと、車椅子で登場のシローさんの「Yesterday」とくれば、お風呂へ入るだの寝るだのということにはならなかった…。

自分の中では、ザ・タイガースは一時流行ったグループサウンズのひとつ、という位置づけでしかなく、これらの楽曲とは全然結びつかないけれど、よくよく考えれば当たり前。

当時は、実力がないみたいに言われていた記憶もある。
今回は前回のようにサポートバンドなしでの演奏と聞いていた。

だから…。
正直あまり大きい期待はしていなかった…m(__)m

昔のグループサウンズというイメージの枠の中で、もっときれいにまとめるのかと思ったけれど…。
メンバーの年齢から考えたら、もっと「守り」の演奏を想像していたけれど…。

思いがけず、とっても「ロック」なステージ(^_-)-☆


そして…。
オリジナルメンバー全員が揃うのっていいな、と思った。

category: 音楽

[edit]

page top

ヒコーキ

出かけた帰り、目の前の踏切で遮断機が下りはじめた。
今日はついてない、と思った。

特急列車のスピードに合わせてある警報器だから、普通列車の場合は一度遮断機が下りてしまったら、イヤになるほど長~く待たされる。
身軽なときは、遮断機が下りてしまう前に走ってすり抜けるのだけれど、今日はあいにくの大荷物。
スーパー2軒とホームセンター、さらにドラッグストアへも寄ったので、右手にはショッピングカート、左手にはレジ袋に入れた玉子、背中には財布が入っているリュック。

幸いにも2~3日前とは違い、風もなく陽射しも暖かい。

列車はまだ来ない。
ということは、普通列車の上り便なんだろう。
カーブで見えないが、下り方面にある近くの駅に停まるより前から、ここの警報器は鳴り始める…。


ふと空を見上げると、青空に刷毛ではいたような雲。
その雲の間を、出発便のヒコーキ(空港からは離れているけれど方角でわかる)が、機体をキラっと光らせながら飛んで行く。

ヒコーキに乗ることは勘弁してほしいけれど、飛んでいるのを見るのは好き。
コドモみたいに、機体を目で追ってしまった(^_^;)
そうしたら、その方向から今度は到着便の機体。

この辺りの上空は、飛行ルートではあるけれど、上下便をほぼ同時に見るのは珍しい。

遮断機で立ち止まらなかったら、きっと見ていない光景。

category: 雑記(日常・雑感)

[edit]

page top

読書

寒いのでこたつから出ることができない。
というわけで、この季節は本を読む時間が長い…かも。
いわゆる「老眼(^^ゞ」ということもあって、若いころみたいに一日に数冊読むなんていうことはできないけれど。

上手いなぁ~と思う文章に出会うと、気持ちがいい。
何度も読み返したくなるので、そういう作品はお気に入りコーナーに置く。

最近ではエッセイスト&モデルの華恵さんの「小学生日記」(作品自体はかなり前のもの)と、女優のミムラさんの「ミムラの絵本日和」(これもかなり前の作品)が置いてある。


子供の頃からずっ~と、「文章を書く」ことに対しては、大きい劣等感がある(それなのにブログやってる…苦笑)ので、表現力のある文章に出会うと、ただただ尊敬&羨望。

category: 読書

[edit]

page top

お待たせしました(苦笑)

気が短いか長いかと聞かれたら、「短い」と断言できる。
基本的には、待つのがイヤ。
行列のできる店には行かない。

夕方のスーパーのレジで、後ろにたくさん人が並んでいるのがわかっていても、財布から端数の小銭を1円ずつ出している人がいると、若干イラッとする。

自分がイヤなことは他人に対してもしたくない(と思っている)ので、混雑している時間帯のレジでは小銭を出さないようにしている。

ということは、当然財布に小銭がたまってしまうわけで。
その小銭は、1・5・10円玉用と50・100・500円玉用とに分けた貯金箱に入れておいて、たまったな~と思ったら、銀行窓口で両替(というか、一度へそくり口座へ入金しておく)。

その使い道は様々。
生活費に消えることもあれば、ちょっと贅沢な外食に使うこともある。
そういえば、ライブの遠征費用の一部となることもあった。
これは、お土産代という言い訳ができる…(^_^;)

今日、財布を見たら、明日支払うつもりの灯油代を考えると、ちょっと心もとない金額。
生活費に使っている口座の銀行は少し遠い。
近くのスーパーの駐車場に設置されてるATMで使える口座は、用途が違うものなので、できればそこからは出金したくない。

で、思いついたのが、貯金箱の100・500円玉を、ATMを使ってその口座に一度入金し、すぐにお札で出金する方法。
これは、以前に郵便局の窓口で、大きい声では言えないけれど…と教えてもらった。
郵便局では、両替ができないそう…。

貯金箱をひっくり返すと、500円玉が20枚。
これだけでじゅうぶんだったけれど、ATM機では硬貨30枚までは入金できるはず。
ついでに100円玉10枚も一緒に持って出かけた。

そのATMは、周辺に銀行がないためか、誰かが使っている状態のときがほとんど。
待たずにすぐ使えるなんてことはあまりない。
多いときは10人近く並んでいることもある。
今日は珍しく、使用中のおじさんだけ。
ワタクシが並んだ後に、オバちゃんがひとりやってきた。

待つのはイヤな性分でも、ATMで待つことはあたりまえと思ってる。
10人も並んでいたら、用事や買い物を先にすませるし、20分も30分も待つわけじゃないし。

駐車場の一角に設置してあるそのATMは、中の様子はあまりわからない。
あれ? このおじさんちょっと手間取ってる?とワタクシが思い始めた頃、私の後ろのオバちゃんはかなりイライラしている様子。

やがて、おじさんが軽く会釈をしながら出てきた。
イラついているオバちゃんに先にどうぞと言うべきか、一瞬は迷ったが、順番は順番だし~と、おじさんの方に会釈を返して中へ。

中へ入って気がついた。
ここのATMの硬貨の入金口は一枚ずつ入れる方式(-_-;)
30枚を入れている時間は、操作しているワタクシにはそう長く感じなかったけれど、すでにイライラしていたオバちゃんにとっては…(苦笑)

入金しているときに、おばちゃんの不機嫌な様子がちらっと見えたので、入金後、出金操作はせずに頭を下げながら出たのだが、オバちゃんはイライラが頂点に達した状態で、ワタクシを押しのけるよう、中に入っていった。

ちょうどその時に、新たにATMにふたり並んだので、買い物を先にしようと店舗へ向かおうとしたら、オバちゃんに大きな声で「ちょっとあんた~」と言われた。
続けて「あんた、何したん」と怒鳴ってる。

「?」状態でATMへ戻ると、まだ画面が切り替わっていない。
機械からは、30枚の硬貨を受け入れているかのような音。
通帳は、もうとっくにワタクシの元に戻っているのだけれど…。

「私は硬貨を入金しただけで、別に間違った操作はしていないので、もうちょっとしたら、元の画面に戻りますけど」と答えたが、画面はなかなか戻らない。
超・短気らしいオバちゃんは「あんたが壊した…」と言わんばかり。

やがて「音」が消え、通常画面に戻ったので「これで使えますから…」とその場を立ち去ったけれど。


ここのATMでのこの使い方は、もうやめようと思った。
お待たせしてごめんなさい(苦笑)

category: 雑記(日常・雑感)

[edit]

page top

続・秘境駅

ここも黒川駅と列車本数は変わらないから、秘境駅?…(^^ゞ

JR土讃線 黒川駅の隣駅 讃岐財田(さぬきさいだ)駅
駅前に大きな木があって、駅名どころか駅舎も見えづらい。
讃岐財田駅1

讃岐財田駅2

讃岐財田駅3

駅は掃除が行き届いている。

地名は同じく「財田」と書いて「さいた」と読むが、駅名の方はなぜか「さいだ」
国内で財田(さいた)駅というのが、他にあるのだろうけれど、上に讃岐がついているのだから「さいた」でも問題ない気がするが。
「さいだ」と読ませる理由が、他にあるのかも…。

巨木は県の保存木で、樹齢700年のタブの木。

讃岐財田駅4


この調子で、県内の駅を順番に載せていったら、ほとんどが「秘境駅」というタイトルになりそう…(苦笑)

category: 鉄道(鉄道旅記録 他)

[edit]

page top

秘境駅

以前、テレビの旅番組では完全に「秘境駅」のように取り上げられていたJR土讃線の黒川駅。

黒川駅5

黒川駅3

黒川駅10

黒川駅2

黒川駅1

確かに、停まる列車本数は少ない。
でも、利用者はいるし、道路からはすぐ。
ここが秘境駅ならば、この辺りは秘境駅だらけ…です(苦笑)

黒川駅7 黒川駅9

黒川駅6

黒川駅4

列車が走ってるのを、こういうアングルで撮りたかったけれど、次の列車まで2時間は待てません(^_^;)

category: 鉄道(鉄道旅記録 他)

[edit]

page top