06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

頭を下げちゃった… 

2014-7-31ひまわり1

2014-7-31ひまわり2

2014-7-31ひまわり3


相棒によると、2週間前はしっかり太陽の方を向いていた向日葵は、数日前頃から、頭が重くなってきたみたいでこういう状態だそう。
証拠写真を撮ってきて…と言ったら、特急列車も入れて撮ってやった、と鼻高々(←になるほどの写真じゃないけど…笑)

[edit]

高校野球 

暑い中、全国各地で甲子園を目指し、選手も、応援団も「熱く…」なっているこの季節。
今朝の「天声人語」は、作詞家の阿久悠さんの詩を引用。

「勝つことで得たものと 敗れることで得たものと 秤にかけて重さを比べれば やがて同じ目盛りになる」…だそうで。


暑さを言い訳に、ぐうたらしているようでは「得る」ものはないぞ(←と自分に言おう(^^ゞ)

[edit]

早っ… 

昨日、ほんの数分間だけ大雨が降って以降、空気が「ムシムシ」「ベタベタ」しなくなり、動けば汗は出るものの、とっても身体が楽。
今朝は、寒くて目が覚めたほど(^_^;)

さわやかな青空の下、今日の昼間には「つくつくぼうし」の鳴き声が聞えたのでびっくり。
気温が下がったから、勘違いして早々と出てきちゃった?(笑)

[edit]

目は口ほどに… 

5月末頃に「いつでも里親募集!」のサイトで知ったある「わんこ」は…「人間」からひどい仕打ちを受けたにもかかわらず、「人間」を恐れてはいても、けっして「人間」を恨んだりしていない、とてもいい目をしていた。

仮の名前で「シロ」と呼ばれていたそのわんこを保護した方のブログで、「シロ」が彼にとっては最適の家に落ち着いたことを知った。
保護するのに半年という時間をかけ、保護してからでも2ヶ月もの間、ずっと世話をしてきたのだから、その方はできるならそのまま自分の手元に置いておきたかっただろうな、と思う。

でも、10年先のことを考えた末…という決断に、共感。


「シロ」と呼ばれていたその子は、生まれつきの賢さが顔の表情(目)に表れていた。
保護されてからは、「人間」と生きていく覚悟みたいなものが、その姿全体から徐々に感じられるようになってきてはいたが、長旅の末、これからの人(犬)生を過ごす家に到着してからは、さらにしっかりと現状を受けとめようとしている顔つきに変わった。

よかったね、シロくん(今はもう、新しい素敵な名前だけれど…)。
ただかわいいだとか、かわいそうだから、という目先の感情だけで「生き物」を飼ってはいけない、ということを真の意味でわかっていらっしゃる方に君が出逢えてよかった、とオバちゃんはそう思っているよ。


そして、あのデロリアン福助くんも長いトライアル期間が終了して、めでたく正式な「デロリアンズ」に。
こちらもよかった(^O^)/


元は捨てられた子だった彼らの幸せな現状を、それぞれ読ませていただいていたら、昔、飼っていた人からやっかいもの扱いされ、うちの子になった「わんこ」の息遣いを耳元で感じた(ような気がした)。

うちに連れてこられたその当日に、ここで飼ってもらうしかもう自分の生きる方法はないんだ…という覚悟を決めていた、と思う。

あの日の彼の、ちょっとした「表情」や「しぐさ」は、数十年経った今でも脳内再生できるくらい、ありありと覚えている。
成犬なので、けっして「かわいい」というビジュアルではないことをじゅうぶん本人は自覚しており、でも、卑屈になることも媚びることもなかった。

何頭もわんこは飼ったけれど、その中でもいちばん目で語る「子」だった。

うちの子になって幸せだったかどうかを聞かないままだったが、少なくともワタクシの方は、彼と一緒に過ごした時間を今も忘れてはいない(^_-)

[edit]

不倫は文化(苦笑) 

年齢を重ねるにつれて「ドラマ」で感動することが少なくなってしまった。
でも、昨日と今日のBS朝ドラ「カーネーション」は、非常に見応えがあった。
脚本も、役者さんたちも素晴らしい。
糸子さん役の尾野さんの演技は秀逸。

これこそ…「不倫は文化」(^_^;)

特に今朝の回を見ていると、昔、高倉健さん主演の映画の中で、妻役の加藤登紀子さんが言う「人がこころに思うことは誰にもとめられないもの」という台詞が蘇った。

そして…。
ワタクシ的には、今朝の糸子さんは「純潔(^^ゞ」だったからこそ、朝帰りの服装のまま、子供たちの寝ている布団へ入ったという解釈。

ドラマや小説の解釈は自由。

最後の最後で一度だけ一線を超え、そこでようやく…きっぱりと「別れることができた」というふうにも解釈できるのがいいな、と思った(^_-)

[edit]

第1861回「エアコンはつけ始めていますか?」 

FC2 トラックバックテーマ:「エアコンはつけ始めていますか?」



どんなに暑くても、お昼よりも前にエアコンをつけることはなかったのに、今朝は朝ご飯を食べる際にスイッチオン!
相棒を送り出してからはオフにしたけれど、お昼食べるときには、また「オン」になるはず。

昨日も今日も明日も36℃(の予想)だそうで…。
これって、健康を維持できる気温ではないような気がする。

昨夜、2階の自分の部屋では扇風機及びアイスノン・保冷剤も完備して、一度は布団に横たわったものの、その布団が、まるで指宿の砂蒸し温泉にでも入っているような状態(そういえば、あのときは相棒だけが入って、ワタクシは横で写真撮っていただけだった。 当時の相棒クンの解説が非常に具体的だったからか、自分も体験したみたいな記憶(^^ゞ)

とにかく…。
布団が、ほっかほっか状態でとても眠れそうにはない。

でも…。
身体はとっても眠い。

布団干しをしたわけじゃなく、フツーに押し入れに入れていただけなのに(>_<)
しかたなく1階に降りて、遠くから扇風機を回し、畳の上でごろんと横になったら、そのまま真夜中まで寝てしまった。
暑くて目が覚めた後は、全部の窓を全開にして、また朝まで布団なしのままで寝たからか、身体中が痛い。

使っているのは「せんべい布団」とはいえ、やはり布団で寝るって大事なんだ(^_^;)
今日は、布団乾燥機の冷風で布団を冷やしてから寝よう、と思ってる…ってエアコンの話題からズレてますな(苦笑)

[edit]

歌謡曲 

今日のハナウタは沙織ちゃん→南沙織 「純潔」

映像は紅白歌合戦のものらしい(沙織ちゃんの映像は、すぐに削除されることが多いので、いつまで見られるかはわからないけど(^^ゞ)
後ろで踊っているのはキャンディーズの3人で、パンダの中は、記憶に間違いがなければ「新3人娘」のあとのおふたりのはず。
あれ? 
でもパンダも3人ってことは? 
もうひとりは誰だろう?(^_^;)

完全ではないにしろ、記憶があるということは、この時代は、ワタクシも紅白を見ていた…もよう(^^ゞ

この楽曲は、昭和47年夏頃の作品。
なぜわかるかというと、クラスで隣の席のまったく気が合わなくて、口も聴きたくない同級生が「私、あの歌大好き~」と言っているのを聞いて、ちょっと驚いた憶えがあるから。

教室の両側に廊下がある校舎で、両方の窓を開け放すと風が吹き抜けて涼しかった。
あ~ちょっと涼しいな、と思ったときにその言葉を聞いた記憶がある。
だから季節は、夏。
そして、苦手なその子とは3年生のときだけしか同じクラスにはならなかったし、その校舎自体が3年生用だったはず。
それならば、S.47年。


沙織ちゃんの楽曲は2枚目のシングル曲「潮風のメロディ」が好きで、レコードを買うようになった。
3枚目の「ともだち」も似たような路線だったのに、4枚目の「純潔」でタイトルも曲調も大きく変化。

こういうロック調アレンジも好きだったから、当然レコードを買った。
それを、隣の席同士であっても、お互いけっして話をすることもない子が別の子と会話の中で「あの曲好き」と言った。
だから、それをきっかけに、ワタクシも仲良く…なることは、けっしてなかった…けど(苦笑)

「純潔」という言葉は、その当時でも「古い言葉」だと感じたが、今では完全に「死語」かも(^^ゞ
その「古い言葉」のタイトルと、洋楽っぽいメロディ、そして沙織ちゃんの歌い方による「組み合わせ」が妙に新鮮に思えた。


リズム感あふれる「夏」の楽曲のイメージが強い沙織ちゃんだけど、意外にもシングルで「夏」の字がついている楽曲は「夏の感情」だけ。
「純潔」と「夏の感情」、そして「傷つく世代」は、他の楽曲に比べるとハードな曲調。
今聴いても、全然古くない。
どれも、ベース音が非常に効果的。
さすが「筒美京平」さんの作・編曲(^O^)/

最近のアイドル曲は、あまり真剣に聴かないんだけれど、こんなにベース響いているのかな?

この3曲でいちばん好きなのは、やはりあの「印象的なイントロ(^^ゞ」で始まる「傷つく世代」かな。
短く終わった、今思えば「貴重なひとり暮らし(苦笑)」の時代に、ラジオからよく流れていた曲だから、ということもあるけど(^_^;)


ちなみに「傷つく世代」は、「レイラ」、そして「純潔」は「気になる女の子」(どちらもその当時流行っていた洋楽)に、ちょっぴり似ている部分がある(笑)。

さらに言えば…。
彼女のデビュー曲「17才」は「ローズガーデン」に似ているし、「想い出通り」は「オーシャンゼリゼ?(正しい曲名は知らないけれど)」に似ている、と昔からずっと思っていた。
彼女のシングル15枚目までは、ずっと筒美さんの楽曲。

〇クリと言う人もいるけれど、ワタクシ的には全然別物だと思う。
ワンフレーズをああいうふうに広げられる「センス」は素晴らしいし、洋楽をベースに誰もが口ずさめる「歌謡曲」として完成させている、というのがカッコいい(^O^)/

あれ? そういえばこれと似たテーマで6月5日の記事を書いた気がする(^_^;)

[edit]

第1863回「あなたの熱中症対策」 

FC2 トラックバックテーマ:「あなたの熱中症対策」



今日は買い物から帰ってきたら、軽い熱中症かも~だったので、エアコンを入れてしまい、今もずっとつけたまま。
おかげでフラフラしていたのは収まったけれど、夕方になって涼しくなったというのに、エアコンを切ることができない。
というわけで、ワタクシ的熱中症対策は「エアコン」

しかし、只今の設定温度は30度ですが、それが何か…(^_^;)

この時期は暑いので、いつもは9時半頃に家を出て、近所のお店を数軒回っても、11時前には戻るようにしている。
今日はガス屋さんが9時半頃にガス器具点検に来るということだったので、多少家を出るのは遅くなると覚悟してはいたんだけれど。
待てど暮らせど…状態で、結局10時半を過ぎた頃に汗だくでやってきた。
異常はなく、無事に終わったのが11時過ぎ。

もう気温がかなり高くなっていたので迷ったけれど、冷蔵庫にあるのは、卵と牛乳とチーズ、そして田舎の母に送ってもらったトマトと白ウリくらい。
じゃがいもや玉ねぎはあるけれど、肉も魚もハムも豆腐もない。

昨日は薄切りハムが2枚残っていたから、ポテトサラダが作れたし、トマトとじゃがいもとチーズでオーブン料理が作れたが、また今日もトマトを焼くのでは能がない。

かなり気温は上昇しているようだったけれど、歩くこと10数分。
あまりの暑さで頭がボーっとして、豆腐を買うのを忘れた。

本日のメニューは、白ウリと油揚げの煮物(冷やしてる)・鶏ムネ肉のソテー・白ウリの浅漬け・マカロニサラダの予定。
予定…というのは、鶏肉を焼くのには、ガスにしろオーブンにしろどっちも「地獄の熱さ」になるので、「レンジでから揚げ粉」を使うかも(^^ゞ
鶏ムネ肉は、ヨーグルトに数時間漬けておくだけで柔らかくなり、とっても美味しくなるよ^O^)/

[edit]

夏野菜 

田舎の母から届いた夏野菜
    ↓
2014-7-20 夏野菜

この時期は、トマトがたくさん収穫できる。
ふたりとも、毎日欠かさず食べるくらい大好物(^O^)/

送料を考えると、買った方が安いかも~なんだけれど、野菜作りは母の生きがい。
箱詰めの作業も手間がかかることだし、歩いて5分ほどの宅配便のお店へも、帰りは坂道なのでけっこう大変だとは思うが、無理なことはしない性格だとわかっているので、送るつもりだよ、という電話があったときは、遠慮せずにいつもありがたく送ってもらうことにしている。


そういえば、「長いなすび」は久しぶり…かな(^_^;)

隣のみかん国で「茄子」といえば、この長いタイプのもの。
なぜか、うどん国でこの「長茄子」を見かけることがない。
売り場で見かけるのは、ほとんど「千両ナス」の類。

今では、すっかり「千両ナス」の方に慣れたけれど、ワタクシ的には、やっぱり「なすび」と呼べるのはこっちの「長茄子」だよな~って思ってしまう(苦笑)

いつ頃から「なすび」ではなく「なす」っていう呼び名に変わったんだろう?(-_-;)


[edit]

操作できないこと…(苦笑) 

一週間ほど前までは、今年の夏はあまり暑くない、と思っていたんだけれど。

昨夜は、ひと晩じゅう扇風機を稼働させ、額に乗せている保冷剤を何度も取り換え、いつのまにかペットボトル2本分のお茶を飲み干してしまうほどの暑さ。

めっちゃ寝不足の身には、夏休みに入った近所の子供たちや、セミの大合唱の「騒音(-_-;)」が、非常に堪える。
これって、どちらもリモコン操作では「音量」を下げられないんだ…(>_<)

向日葵が、太陽の方に向くのを阻止できないのと一緒(笑)
2014-7 ひまわり7

でも、天邪鬼の代わりに本山寺にいた「のらちゃん(^^ゞ」は、ワタクシの要望に応えてちゃんと一旦静止してくれた…(^O^)/

2014-7 本山寺 6

[edit]

ようこそ!

文字を大きく・小さく

プロフィール

カテゴリ

お気に入り

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カレンダー

月別アーカイブ

FC2カウンター

メールフォーム

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

Powered By FC2ブログ