からっぽの青春

09/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./11

少し早いけど

今年もささやかに飾ってみた(^_^)

2014サンタ

ハロウィン終わってないけど、うちにはかぼちゃ関係の小物はないし、もう11月に入るんだし、一足早く「クリスマス気分(^o^)/」

category: 雑記(日常・雑感)

[edit]

page top

只今、断水中

断水中

このでっかいヤカンを出したのは、1994年の高松大渇水以来。
あの断水のときは、ポリタンクよりも、また、でかいバケツよりも、これがいちばん役に立った。

「午後1時から4時まで断水します」…という広報車が廻ってきたのは、断水が始まる30分前。
午前中は大掃除をしていて、お昼をまだ食べていなかったので、ちょっと慌てた。

今日は、相棒クンのご帰宅は夕方6時半くらいの予定。
夕飯の支度にはまにあうけど、早い日は5時20分には帰ってきて、5時半には数種類のおかずを前に呑み始める人なので、そういう日に4時までの断水だと、ちょっと危なかった…かも。

今日断水の可能性もある工事をする、というお知らせの紙は、昨日の夕方にポストへ入っていた。
今日の午前中には、工事の音も聞えた。
でも、お昼まで何も言ってこなかったので、まさか本当に断水になるとは…。

もう少し早く知らせてほしかったな。

市に合併してから、こういうところのきめ細かさが無くなった。
あの大渇水の際も、市内は一日でたったの5時間しか水が出なかったけれど、合併前だったこの辺りは、夜間と、昼間数時間だけの断水で済んだ(しかも、実際は一日中水は流れていた。つまり、使わないで…という規制のみ。もちろん使わなかったけれど、まったく出ないより、気分的に楽だった

合併しちゃった今、もしあんな大渇水になったら…と想像すると、ちょっと怖い(>_<)


category: 雑記(日常・雑感)

[edit]

page top

泣いた歌

録画していた番組で、リーダー氏がしゃべっている姿を、かなり久しぶりに拝見。
メルマガで情報を知り、香取くんの番組だったから録画してみた。
珍しく服装がフツーだったので、ツッコミどころもなく…終了(苦笑)
少し痩せた気もしたけれど、とりあえずはお元気そうで何より。


番組は「泣ける歌」ということで、世の中では「名曲」と言われているものばかりが流れたが、番組中取りあげられた中で個人的に大好きと言える楽曲は、久保田さんの「Missing」くらい。

あまのじゃくなもので、こういう場合、世の中の意見とはいつも大きくズレる…(-_-;)

一位だったプリプリの「M」は、まさに今見ているドラマ「昨夜のカレー.明日のパン」のエンディングにも使われているんだけれど、「このドラマの最後でこの曲が流れるのは、ちょっと私の感覚とは違う…」と、毎回思ってる(^^ゞ

そもそも「泣ける歌」でランキングをつける意味があるのかな…って言ったら、番組が成り立たない…か(苦笑)


そんな「あまのじゃく」でも、曲を聴いて思わず涙が流れたことはある。

一度目は少女mikelanの時代。
ジュリーのソロデビュー曲「君をのせて」がラジオから流れたとき。

しょっちゅう部屋の模様替えをしていたけれど、あのときの机の配置や、この曲が流れたラジオを置いていた場所は今も覚えてる。

もう1年以上も続いていた「失意」の時期。
結局、それはその後まだ2~3年くらいは続いた。
こころの中の「悲劇のヒロイン度」がピークで、自分の味方は自分だけしかいない、と思っていた、自分史上唯一の暗黒時代(苦笑)

歌詞の中の「ふたり」は、「表面の自分」と「自分の内面」というふうに捉え、聴き入っているうちに、気がついたら涙が流れていた。
     ↓
沢田研二 「君をのせて」歌詞


二度目は、もうオバちゃんと言われてもしかたがない、と自分で納得する年齢に達してた頃。

落ち込んだ場合、自然に「上がる」までは自分をそのままの状態に置いて、何もしないことが多い。
が、そのときの落ち込みはかなりひどく、このままだとマズいと判断し、珍しく積極的に這い上がろうとしたらしい。
そういう状態で「音楽」を聴くことはまずないのに、中島みゆき氏のファーストアルバム「私の声が聞こえますか」に手が伸びた。

この作品が世の中に出た頃、当時、京都に住んでいた友達に逢いに行ったとき、その友達から中島みゆきはいいよ、と聞いて買ったレコード。

そう…これもまだレコードの時代だった。

月日が流れ「オトナ」になり、こういう類の音楽はあまり聴かなくなっていたが、作品がCD化されているのを見つけてすぐに購入したのは、ただ懐かしいというだけではなく、自分に「必要」だという思いがどこかにあったんだろう。
でも、拓郎さんと同じで、頻繁に聴くことはない。

その時のひどい落ち込みの真っ最中は、本能的にこのCDに手が伸びた。

1曲目の「あぶな坂」から順番に聴き始め「ボギーボビーの赤いバラ」「海よ」「ひとり遊び」「悲しいことはいつもある」でちょっと涙ぐみ、終わりから2曲目の「渚便り」で、不覚にも大号泣(^^ゞ(ちなみに、このアルバム最後の楽曲「時代」は、このアルバムとしては聴かない。けっしてキライじゃないけれど、ワタクシ的には、このアルバムの曲としては異質と感じる…)
  ↓
中島みゆき「渚便り」歌詞



今思えば、どちらもまだまだ「純粋」だった頃…ですな(苦笑)
完全なオバちゃんになった今、そう簡単には泣かないけれど、もしこのタイミングでSOPHIAの「one summer day」を聴いたら?

うん、たぶん…。
否、きっと…。


泣く。

category: 音楽

[edit]

page top

コンビニ

今日は、コンビニへ。
用事を済ませたらすぐに店を出たのは、いつもと同じ。

スーパーの店内は、時間があれば、買う予定がない商品のコーナーもけっこう見る方なので、やはり「習慣」の問題らしい(苦笑)

本日の用事は、レイフラのライブDVD申し込みと、上原ひろみ ザ・トリオ・プロジェクト JAPAN TOUR 2014のチケット引き取り。
   ↓
コンビニ

レイフラDVDは、もちろん限定版(^^♪

上原さんは、以前にも高松での公演があったけれど、そのときは公演日がクリスマスイブ。
彼女の演奏は素晴らしいけれど、聴くと疲れる、と言っていた相棒が行くはずがない、と思っていたから誘わなかったし、イブにひとりでライブというのも何だかな~という気持ちだったので、そのときは行かなかった。

今回もライブ情報はチェックしていたが、師走だしなぁ、と迷っていたら、相棒が別のところからライブ情報を知って、自分も行きたいと言い出したから、驚いた。 


今年は、11月に布袋さん、そして12月のこの上原さんで、ライブ納め…の予定。

実は、michaelの12月21日公演のチケットを確保済み。
しかし、これはワタクシ的には「ケリをつける」 ためのものなので、今年のライブ納めは、今のところ上原さん(^_-)    


category: 音楽

[edit]

page top

ふたりの「基子さん」

ドラマ「聖女」の録画は、一応保存したものの、今後再度見るかどうかはビミョー。

広末さんの演技には惹かれるものがあったけれど、「基子さん」という人物には、最後まで感情移入することができなかった。
ドラマの中で出てきたセリフじゃないけれど「決定的に違う…」ということが、今のワタクシには受け入れられなかった…らしい。

でも、「人は変わる」ものなので、何年後かに見たら、また違った捉え方ができるか…な(苦笑)


現在、録画も残しながら見ているドラマは、脚本:木皿泉さんの「昨夜のカレー. 明日のパン」。
このドラマに登場するのは、「いるよね、身近にもこういう人…」であったり、感じることは「自分にもこういう要素はある…」だったり。

そんなこんなの、善人でも悪人でもないごくフツーの人々の「素」を、けっしてきれいごとではなく描いている木皿さん独特の世界観が好き。
なので、同時に、すっごく久しぶりに、同じく木皿さんの「すいか」の録画も棚の奥から引っぱり出して、見ている。

「すいか」は、10年以上前の作品。
当時、よほど気に入っていたからか、ビデオ録画したものをパソコンに移し、CMもキレイにカットした上でDVD盤に残してる。
今じゃ、簡単に、しかも安い料金でレンタルできるというのに…(^^ゞ

その「すいか」の小林聡美さん演じる「基子さん」には、今でもすんなり感情移入ができる(苦笑)

category: 趣味(好きなこと)

[edit]

page top

第1895回「コンビニに行く頻度は?」


FC2トラックバックテーマ 第1895回「コンビニに行く頻度は?」



普段の生活でコンビニへ行くのは、ライブチケットの引き取りか、ゆうパックを送るときくらい。
ゆうパックに関しては、土日も開いている郵便局が遠いので、とても助かってる。

実は、スーパーへ行くよりコンビニの方が、信号を渡らなくていいし、近い。
でも、コンビニというものがない時代に「生活習慣」を身につけてしまった世代には、日常必要なものをコンビニで買うという「頭」がない。

病院からの帰り、午後1時を過ぎた頃にようやく最寄駅まで帰りつき、遅い昼食のことを考えるときも、コンビニで調達するということには思いが及ばない。
まず、駅近くのスーパーへ寄り、夕食の材料と、すぐに食べられるいなり寿司かお弁当を購入、その後、信号を渡ってコンビニの前まで来ると、あっ、お昼のものはここで買えばよかった…なんて、毎回のように思う。


ワタクシ的には「コンビニ」は、旅先でお世話になるところ…らしい(^_^;)

category: 雑記(日常・雑感)

[edit]

page top

季節の変わり目

一週間ほど前、朝晩が寒いと感じるようになり、少し早いけれど、そろそろコタツの季節だ~と思ったものの、その後は、日中は半袖でもいいくらいの気温の日もあって…。

昨晩は風呂上がりに髪を乾かすときは、まだ片付けていなかった扇風機を使ったのに、今日は…先ほど、ついにコタツのスイッチに手が伸びた。


さすがに扇風機はもう片付けよう…(^^ゞ

category: 雑記(日常・雑感)

[edit]

page top

バタバタ終了…かな(苦笑)

一週間前から始まった「バタバタ…」も、終了したので、ようやく日常が戻ってくるはず。
空模様がよろしくないので、非日常の後始末がすぐにはできないけれど(-_-;)

家を完全に留守にしていたのは、22時間程度。
その前後があまりにもバタバタしていたからか、時間の感覚が、まだ変(^^ゞ

22時間の間で「確保」してきたもの
     ↓
ゲット

この中でも、湯浅角長の醤油と名古屋のコーミソースを入手できたのはラッキー。

それ以外に、淡路島のちくわ&玉ねぎスープに赤福におたべに紀州鉄道ワイン&ビール…って…mikelan家はいったいどこに行っていたのか?(笑)
行き先がわかった人には……何も出ませんが(笑)

ちなみに、行った先で食べた夕食は、熊本の馬刺しと中津から揚げ。
翌日の昼食は、相棒クンが今どきのさぬきうどんよりも美味い、と感動したうどん(^o^)/


    

category: 旅・お出かけ記録

[edit]

page top

現在地…(笑)


なぜか、こんなところにいる…(・_・;)

category: 携帯から

[edit]

page top

バタバタ…

かなり近くを台風が通過し、交通機関はすべて止まっていたけれど、個人的には怖いような雨風ではなく、やれやれでした。
皆様、大丈夫でしょうか。

明日朝は、うんと冷え込むらしいので、毛布&布団が必要かな…(^^ゞ

台風被害はなかったけれど、ちょっとバタバタすることが続いているので、しばらく更新できないかも(^^ゞ


category: 雑記(日常・雑感)

[edit]

page top