からっぽの青春

07/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./09

その後

その後①
なんだかすっかり涼しくなり、先日買い込んだ「POM」が減らない。

今のところ飲みきったのは果汁100%の「ポングレープ」だけ。
昨日、ようやく「ポンアップル」をひとくち飲んでみた。

感想としては「ポングレープ」はもう買わないけど「ポンアップル」の方は、そのときの気分では買うかな。

でも…。
やっぱり、ポンジュースはみかんでしょ\(^_^ )( ^_^)/
フルーツミックスは、以前に飲んで確かに美味しかったけど。

この調子だと、まだ手つかずのPOMマークのついた果汁入り飲料の方を、賞味期限までに飲み終えることができるのだろうか?(苦笑)



その後②
今後のライブ予定が9本から10本に増え、懐がますます寒い状況('◇')ゞ

category: 雑記(日常・雑感)

[edit]

page top

第2012回 「この夏の思い出は?」

第2012回 「この夏の思い出は?」


気がつけば、8月がもう終わろうとしている。

振り返ってみれば、がまんできないほどの暑さは、ほんの2週間くらい?…だったのかな。

しかし…。
ほんの2週間ほどのこととはいえ、その間の暑さといったら、日ごとに体力を消耗していくのがわかるよう(-_-;)


さて…。
そんな今年の夏の思い出といえば、7月中に立て続けに行った3本のライブ! 
   ↓
「MANNISH BOYS」ライブ記事   
「山本恭司」ライブ記事①
「山本恭司」ライブ記事②
「スタレビ」ライブ記事①
「スタレビ」ライブ記事②

それぞれホント楽しくて、どれも、またこういう場所に来たい、と思ったライブ(^_^)V




そして…。

猛暑の8月は、1本も行ってないものの、これから先の4ヶ月間で、チケット確保がまだ確定ではない1本(キャパから考えて、これもたぶんゲットできる…笑)も入れると、なんと…「9本」のライブ予定がある…みたい \(◎o◎)/

まだボケてはないので、それぞれのチケットを確保した記憶はあるものの、あらためてスケジュールを見直すと、いつのまに、こんなことに?…って感じ(苦笑)。

category: 雑記(日常・雑感)

[edit]

page top

たぶん、正しくない…(笑)

このキャッチコピー、日本語として正しいのかな。
     ↓
「和風だしを使った洋風スープ」…???

洋風2

洋風1

和風だしを使ってるなら「和風スープ」だと思うけど。


トマトの方を飲んでみたけど、ワタクシには、トマトを使った「和風スープ」の味としか思えなかった(^^ゞ
         

category: 雑記(日常・雑感)

[edit]

page top

第2010回 「不思議な体験をしたことがありますか?」

第2010回 「不思議な体験をしたことがありますか?」


「不思議な体験」=「日常的ではない」という意味なら、「金縛り」には何度かあったことがある。

昼寝中なのに、なぜか意識はあって、誰かが近くまで来ているから、早く起きなきゃと思うのに身体が全然動かない…みたいな感じ。

そういう「金縛り」は、疲れがたまっているときに起こる。
身体の方はもっと寝ていたいって要求しているけれど、昼寝なんかしている場合じゃない、っていう、表には出ない生来のまじめさ(笑)との戦いか?(^^ゞ

昼寝ではなくちゃんとした就寝時に、後で思えば「あれは予知夢だったか?」みたいな夢も見ることはあるけれど、田舎の母が見る予知夢ほどは、はっきりしていない(彼女の予知夢は、驚くほどリアル)。


それ以外だと、一応自分の中では説明がつくので「不思議」とまでは思っていないけれど…。


いつもの景色が違って見えたことが、過去に数回。

そういうときは、通常時であれば「いいな…」程度に感じるものが、「胸いっぱいの感動…」になったりする。
そうなる前の、自分の行動や思考のせいで、一時的に「感度」が非常に高くなっている…らしい。

が、わりと醒めている性格なので、「この状況、そう長くは続かないだろう」だとか、「こういうのが長く続くのは、あまりよくないんじゃないの?」と思う。

もちろんけっして「ヤク」なんて使ってはいない(笑)けど、そうなる前の自分の「行動」や「思考」によって、「脳内物質」の何かが刺激され、感覚が鋭くなることがあるのだろう、と解釈。

本来は「鈍感」な性質なので、そういう状態が、いつもそう長くは続かない(長くても10日間くらいまで)し、めったにそういうことはないのが幸い。

長く続いたり、しょっちゅうだったりすると、こころのバランスが崩れていくと思う。
「あちらの世界」でしか生きてゆけなくなるのは、困る(^^;)

category: 雑記(日常・雑感)

[edit]

page top

ポンジュース!

ここでは触れていなかったんだけれど、連日のように友達のブログにおじゃまして、ワタクシが述べていた「ポンジュース」の件。

今朝、そちらのブログを拝見して、大笑い。
考えることは同じだったみたい。


みかん国の「ポンジュース」にアップルがあるというのに、それを四国では見かけないことが、みかん国生まれのmikelan家のふたりとしては、不思議だった。

ということで、昨日はポンジュース探しの一日。
回ったのは、スーパー4店舗・ショッピングセンター1店舗・ドラッグストア1店舗・ディスカウントストア1店舗の、全部で7店舗。

7店舗回って、ようやくこれだけ集めた(それぞれ、行くつもりだったお店だとか、そこに近いところばかりだったので、短時間で回れた)
  ↓
PON.jpg

果汁100%のポンジュースは、「みかん」「アップル」「グレープ」「フルーツミックス」の4種類、そして、POMの表示がある果汁飲料は、「ポンつぶ」「うっきうきつぶみかん」「ポンスパークリング」の3種類をゲット。

ただし、ポンジュースは、すべて1リットルサイズ。
350mlサイズはどの店にも置いていなかった。

いつだったか、350mlサイズのポンジュースを、自動車道のサービスエリアで見かけたとき、「えっ、こんな小さいサイズのポンジュースがあるんだ」…と驚いたくらいで、コンビニでも見かけた記憶はない(あまりコンビニには行かないけど(^^ゞ)から、1リットル以外の小サイズのものは、それほどは流通していない、と思う。

逆に、POMマークのついた果汁入り飲料の方は、1リットルサイズは「ポンつぶ」のみ。

7店舗のうち、「「POM」のえひめ飲料さんの商品をひとつも置いていなかったお店が1か所。
あとの6店舗も、種類は少なくて、各店舗それぞれ1~2種類程度。
フルーツミックスもアップルもグレープも、それぞれ別のお店で見つけた。
果汁入り飲料はあるのに、ポンジュースはない、というお店もあった。

みかん国に生まれながら、どちらかといえば、みかんよりはりんごが好き。
それでも、ポンジュースはみかんだ~って思っているし、みかんはエヒメが最高~って思ってる!(^_-)

飲んだことがないアップルとグレープの味やいかに?(笑)


今回購入の1リットル入りのポンジュースでいちばん高かったのは、グレープの245円。
アップルとフルーツミックスは192円。
みかんが198円。

アップルとフルーツミックスは、それぞれお店の特売品。
みかんは、買ったドラッグストアでは、年中その価格で販売してる。
買わなかったけど、みかん1リットルサイズ285円というお店もあった。

毎年、夏の終わりには、1本150円前後の6本箱入り商品がスーパーの目玉商品になるから、1本285円は高すぎる。


そうそう、「POM」にはちょとしたご縁が…。
ワタクシ、自分で新聞広告の中から見つけて、採用試験を受けた会社からの採用通知が届くのが数日遅かったら、えひめ飲料さんの前身の組織団体の仕事に就いていたかもしれない。
父親の知り合いで、そこへお勤めの方が顔が広いので、どこかいい働き口ないですか?って気軽に聞いたら、それならうちはいかが?と言われた。

あっ、でも「真面目人間」じゃないので、いくら「コネ(苦笑)」であっても、最終的には「まじめなジュース」を作る企業には、相応しくない人間、と判断されたか…('◇')ゞ

category: 美味しいもの

[edit]

page top

夏の終わりに聴きたい曲

今日のヤフーさんのトップページに載っていた「夏の終わりに聴きたい曲」は、どれも名曲だとは思うけど。

個人的に、夏の終わりに聴きたいのは…「one summer day」
簡単に某サイトで聴こう(見よう)と思ったら、削除されたらしく見当たらない。
それならばと、ウォークマンのプレイリストで、ワンサマが上の方に入ってるリストを再生し始めたら、止まらなくなった。

というわけで、今日は朝から4時間ほどず~っと、針仕事の傍らでSOPHIAが流れておりました。
SOPHIAのプレイリストはいくつか作成してるけれど、その中でいちばん長いヤツ('◇')ゞ

窓全開なのにスピーカーの方で、しかも大音量。

ご近所さん、ごめんなさい<(_ _)>
「音」があまりにデカかったからか、お向かいのガキどもお子ちゃまたちが、今日はとても静か。

お隣さんがお留守だし、お向かいさんはガキどもお子ちゃまたちが、家を壊しそうなくらいの勢いで、毎日毎日家の中で走り回ってるから、こっちも思いっきり音を大きくしてやっただけですけど、それが何か…(^^;)

本日の大音量リスト
       ↓
2015-08-23-1.jpg
2015-08-23-2.jpg

ほぼライブDVD音源(^_-)
こんなにSOPHIAを聴いたのは「あの夏」以降、初めてかも。

category: SOPHIA

[edit]

page top

今日の音楽

窓を全開にして寝たら、明け方には寒さで目が覚めるようになったので、テンプレートを「秋…」にしてみたのだけど、まだまだ日中は暑かった(*´ω`)

暑いときの選曲は、インストゥルメンタルが多いかも。

本日のプレイリスト
    ↓
無題-6

このプレイリスト名称は童謡・唱歌とはいえ、アーティスト名からもわかるように、けっして「さわやかな演奏」の範囲だけでは留まってはおりませぬ…(笑)




そうそう、昨夜テンプレートを替えた時点でのカウンター数。
          ↓
無題-3

さっき見たらコレ。
     ↓
無題-7

「7777」と「8888」のときには、その数字を狙っていたのに、気がつけばその数字は過ぎており、今回「9999」よりは「10000」を狙っていたのに、なかなかタイミングが合わず…(苦笑)


ブログを始めて、3年3ヶ月…。

途中、自分の意思とは関係なく、強制的に2ヶ月もの間、竜宮城に閉じ込められるという「危機的状況(^^ゞ」もございましたが、3日坊主には終わらず、今のところなんとか続いております。
見える形でのコメントや拍手は少ないけれど、リピーターの方々が多いことは、アクセス解析で承知しておりやす('◇')ゞ

どなたかはわかりませんが、毎度ご贔屓にしていただきまして…Thank you♪(⌒∇⌒*。)
今後も、あまのじゃく視点が変わることはない(笑)ですが、どうぞよろしく!

category: 音楽

[edit]

page top

クチコミ

食事つきの宿泊施設を初めて予約する場合、やはりクチコミは気になる。

今回の帰省の一泊目は、あちこち探したものの、予算に見合うところがなかなかなかった。
ようやく見つけたホテルも喫煙部屋しか空いていなかったけど、我が家的には、もうそこしか選択肢がない状態。

気になるクチコミの方は、最高点も多く、特に料理が素晴らしい、と絶賛されている方が多かった。
一方、ごく少数ながら、辛口批評として、料理が残念…という表現はまだいい方で、帰りに食べた数百円のうどんで、ようやく舌と胃が落ち着いた…などというものも。

両極端なクチコミを知ったワタクシは、立地・施設内容・宿泊プランなどを総合すると、やや高級志向のファミレスの味かな?と予想。


結果は「大当たり」(^_-)

料理はうどんで口直ししなければ…などというものでは、けっしてなかったし、スタッフの接客態度に関しては最高ランク。
ワタクシがクチコミするなら、中の上クラスの点はつけると思う。

また行くかどうかは…宿泊料金が非常に安いというわけではないので、ビミョー(^^ゞ


今回の予想は当たったけれど、情報があふれている今の時代、まずは、何を参考にするかを見極める訓練も必要みたい。
予想が外れると、人はたぶん「辛口」になるんだろうな。

category: 雑記(日常・雑感)

[edit]

page top

tomato

朝晩はずいぶん過ごしやすくなったけれど、まだまだ「トマト」の季節。
生食だけでは飽きてくるので、時々こんな風に調理して食べている。
       ↓
トマト

これはどちらかといえば中華風のスープ(味は適当)なんだけど、和風でも洋風でも、その時の気分しだい。
一度、うどん出汁の味付けでやってみたときは、少し味が薄かった。
うちでは冷たくして食べるから、若干濃い目の方がいいのかも。

作り方は、適当な味付けのスープに入れて、そのまま弱火でコトコト。
つまり、おでんの作り方のようなもの。
煮崩れるし、皮の食感が好きなので、湯むきはしていない。
トマトの酸味が出るので、残ったスープも最後まで飲めるよん(^O^)/



こちらはプロの料理。
内子 旅館松乃屋さんの夏の懐石料理の中の二品
     ↓
内子-1
トマトと帆立貝の丸ごとオーブン焼

内子-2
トマトのフレッシュジュースと稲庭うどん


松乃屋さんの料理は、ホント美味しい。
地産地消で、地元産食材を使いながら、洗練された味。
南予地方の料理の味付けが苦手な相棒も、ここのお料理は大好きだし、近年は、高齢のため少食になってきた母も、ここでは驚くほどよく食べる。

category: 美味しいもの

[edit]

page top

第2007回 「好きな声はどんな声?」

第2007回 「好きな声はどんな声?」



歌声ならば、串田アキラさん!

串田さんについては、以前にもたっぷり書いた→「2012年の記事」 「2013年の記事」
だから、今回は書かない(^^ゞ


若い頃、彼のレコード(アニソンではない)を聴くワタクシに、実家の母は、「この人は、羊羹を斜めに押しつぶしたような声をしている…」と、笑っていた。

「羊羹を斜めに押しつぶす…」っていう表現は、比喩ですらない(笑)と思うけれど、母の言いたいことはよ~くわかったし、それは、けっして否定的な言い方ではなかった。

彼には、アニソンよりも、もっとふさわしい歌があるのに…と、ずっと思っていたけれど、つい先日も記事にしたように、今ではウォークマンにその類の楽曲も入ってる(^^♪

category: 音楽

[edit]

page top