09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

行きあたりばったり 

前にもちょっと書いたけど→(以前の記事)、シェルパ斉藤さんの「行きあたりばっ旅」は、読み物として好きなので、今でもたまに読み返したりする。

彼の著作を読んだ人の反応はふたつに分かれ、人の善意をあてにしているだとか、自分本位だとの感想もある。
確かに型破りな旅ではあるけれど、私はまるで無計画だとも思わない。
リヤカーや耕運機での旅、犬を連れての歩き旅なんて、自分にはできないと思うけど、読んでいて楽しい。
彼には、旅の途中でアクシデントに遭遇しても、それを乗り越えることができる器量がある、と思う。



そういう器量もなく、ただの「無計画」「不勉強」と言えば…それはワタクシ自身(-_-;)



昨日もらったメールに、現存12天守城のことが書いてあり、現存12天守ってどこだろう(苦笑)って、今さらながらちゃんと調べてみた。

先日、玉藻城のお濠の舟上で、船頭兼ガイドのおじさんに、四国内の現存4天守はどこ?と質問されて、すぐに答えることができたのは、その4天守城(丸亀城・松山城・宇和島城・高知城)すべてに行ったことがあるから(正確に言うと、宇和島城は、2年の間、毎月のように下から眺めていたものの、天守へ登ってはいない)。
全国の現存天守が12か所ってことも、実は、正確な数字は知らなかったわけで(^^ゞ

そういえば、犬山城へ行った後で、国宝4城はすべて行ったんだ~ということを書いた記憶はある→「犬山城に関する記事}

あの記事を書いたときは、まだ松江城は国宝ではなかったはず。
その後、めでたく(笑)国宝城となり、その松江城も以前に行ったことがあるので、国宝のお城すべて行ったことに変わりはないのだが。

で、現存12天守のうち、自分はどのくらい行ったことがあるのだろう、と思ったら…。

なんと弘前城と宇和島城以外は、登っていたことが判明。
これには、自分で「びっくりぽん」(笑)

国宝5城(松本城・犬山城・彦根城・姫路城・松江城)のうち、松本城と犬山城は、ひとりで行った。
姫路城も、何度かはひとりで行っている。
重要文化財の7城(弘前城・丸岡城・備中松山城・丸亀城・松山城・宇和島城・高知城)の中では、備中松山城へも、ひとりで行ってる。


松本城は18きっぷ旅で松本へ泊まったから行ったのであり、犬山城はSOPHIAライブまでにありあまる時間があったから行った。
また、姫路城や備中松山城は、相棒が仕事で遅くなると知って、当日の朝、思いついてふらっと出かけた。

備中松山城は、詳しい場所も知らなかったから、高梁駅で登山道への道を尋ねた。
健脚の時代だったので、行こうと思い立った時点で、駅からお城まで歩くつもりだった。
山道に入ってからはかなりきつかったけど、それでも、校外学習で来ていた中学生達とほぼ同じペースだった。
今じゃ、駅から歩くのはムリ(苦笑)





以下は私信
 ↓
…ということで、「大きな目的」…なんて思わなくても、自然にまかせていたら、そのうちに、ほんの思いつきや行きあたりばったりで、5ヶ所はじゅうぶん行けるのでは?と思うけど。
そして、「まだ五つも」じゃなく、「あと五つ」!(笑)

人生は、まだ長く時間はたっぷりあるのだから(^_-)

私の場合、そこにお城があったから登ってみた、というだけ。
今後は、もう少し歴史のお勉強が必要と思っております('◇')ゞ

[edit]

水城 

日本三大水城は、この玉藻(高松)城と、愛媛県の今治城、そして大分県の中津城。
               ↓
2015-09-05-3.jpg


前回は、見物だけだったんだけれど、実際に乗ってみた(^_-)

水城-4


水城-1

水城-2

水城-3

乗船券は500円。
ガイド付き、鯛のえさ付き、そして記念品の缶バッジ付き。
船の周りには、えさをもらえることを、すっかり学習している鯛がずっとついてきて、えさやりに忙しいし、ガイドのおじさんのお話が巧みなのでそれもちゃんと聞きたいし、石垣がすぐそこに迫ってくるから写真も撮りたいし、ということで、あっというまの30分('◇')ゞ


ちなみに、ガイドのおじさんからの質問の中で、日本三大水城のひとつである中津城だけは、すぐに名前が出てこなかったけれど、四国内の現存天守閣4か所をすべて答えることができたワタクシでした(^O^)/

まあ、それを知っていたところで、何の役にも立たないけれど(笑)


「城舟体験」は、11月末まで。
寒い時期は、鯛も寄ってきてくれないので、お休みだそうです。

[edit]

秋晴れ 

海-1

所用で出かけた秋晴れの日、少し時間に余裕があったから、JR駅そばにある、シンボルタワー棟と並ぶホール棟7階のテラスから撮ってみた。
前は、シンボルタワー最上階の30階から、もっともっと素晴らしい眺めが堪能できたんだけど(-.-)

無料の展望ロビーよりは、レストランに貸した方が賃貸料が入るってことなんだろうけど、一般庶民には、あんな高級そうなレストランに入ることは、今後も一生ない、と思われ…('◇')ゞ

[edit]

水族館 

以前に、もう一度行きたいと書いた「新屋島水族館」へ行ってきた!→新屋島水族館に関する記事

水族館-7

行楽シーズンだからか、屋島の山上は、そこそこの賑わい。
水族館の中も、それぞれのショーが始まる頃には、人が集まってきて、アシカさんもイルカさんも、そして飼育員のお兄さんたちも大熱演(^_-)

水族館-3

水族館-6-1

水族館-5

子供連れの家族が多いのはもちろんだけれど、大人だけの来場者も多かったような('◇')ゞ

[edit]

FC2トラックバックテーマ 第2032回 「暇な時間は何をして過ごしていますか?」 

FC2トラックバックテーマ 第2032回 「暇な時間は何をして過ごしていますか?」



暇なときは、ひたすら「暇を持て余す」こと…に専念している(笑)
時間を有効に使うというのは、けっして何かを成し遂げることではない、と思っているワタクシには、ただただ、ぼーっとしている時間が不可欠。

[edit]

FC2トラックバックテーマ 第2031回 「ハロウィンの予定は?」 

FC2トラックバックテーマ 第2031回 「ハロウィンの予定は?」


ハロウィンに関しては…過去に、たっぷり書いた(苦笑)→ハロウィンに関する過去記事

今年も今のところ、特に予定はない!


物心ついたとき、この節操のない国にすでに定着してしまっていたクリスマスは置いておくとして(苦笑)、バレンタインデーもホワイトデーもハロウィンも、ぜ~んぶ「商魂のなせるわざ」…と知ってる世代。

なので…それに乗っかるかどうかは…そのときの気分次第('◇')ゞ

[edit]

絶対にうもれさせません!(笑) 

ここ数日間、聴いてる音楽はコレばかり(^^♪
      ↓
2015-10-20.jpg

17日が串田さんのお誕生日(おめでとうございます)だったこともあるけれど、たまたまその数日前、録画していた「The Covers」を見ていたら、串田さんのアニソン以前の楽曲が、うもれうた扱いにされてしまっていた( ̄へ  ̄ 凸

細々とはいえ、40年以上もの長きにわたりファンをやってる者として、自分の中では、これらの楽曲は、けっしてうもれてないぞ~と言いたくなり、今後しばらくの間、日課として(笑)彼の楽曲を聴こうと思った。
もちろん、私の中では今も、間奏部分までぜ~んぶ口ずさめるから、うもれてしまう…な~んてことは、けっしてないんだけど(^_-)


串田さんについては→「以前の記事」

[edit]

想像力… 

本日は落語会。

 オープニングトーク  笑福亭由瓶&林家花丸   
 「つる」          桂慶治朗        
 「狸の鯉」         林家花丸
 「試し酒」         笑福亭由瓶
      中入り
 「御神酒徳利」       林家花丸
      
             三味線 はやしや香穂


桂慶治朗さんは、この方以上に「好青年」っていう言葉が似合う人はいないんじゃないかっていうくらいの好青年。
笑福亭由瓶さんの「試し酒」での呑みっぷりは、ホント素晴らしかったし、人を惹きつける、強いパワーを持ってる方。

そして花丸さん、いつものことながらアドリブが効いてるし、特に、この方の落語を聴いていると、こちら側の想像力が、いつもいつも上昇してくる。
この方の落語は、ただ聴いてるだけで、いつもすぐに情景がぱっと浮かんでくる。

ボケ防止には最適でござる(笑)


[edit]

おやつ 

本日のおやつはコレ
     ↓
期間限定&新商品

「さつまりこ」は期間限定商品で、「PRETZおさつ」は、今年の新商品だとか。

最後にこういうスナック菓子を自分で買ったのは、おそらく学校の遠足用として…かも('◇')ゞ
子供時代、日常の生活の中でスナック菓子の類はあまり食べなかったし、ましてや成人してからは、食べたくなるってこと自体なかったし…(笑)

幼少期のおやつが「いりこ」「はったい粉」「ふかしいも」の世代なので、思春期の頃、次々と発売され始めたスナック菓子に、なじんでしまうことがなかったんだろう、きっと(苦笑)


これらは、ある少年から、彼のおすすめとしていただいたもの。
たぶん、彼のお気に入りなのかな。


美味しかったよ、ごちそうさま<(_ _)>

[edit]

rocker 

沢田研二氏は…以前からそう感じてはいたけれど。
「この方はrocker…なんだなぁ~」と、そう思った、先日のライブ。

以下、先日の沢田さんのライブのネタバレありなので、ご注意のほど。
ま、沢田さんのファンの方が、セトリ目的でこのブログにいらしゃることは、まずないだろうけど。
セトリ自体、曲名を知らないから、ほとんど載せてはいないっす(苦笑)




相棒に誘われて行ったライブ。
沢田さんに興味がないわけじゃないけれど、行こうよと誘われたとき、「ザ・タイガース」のライブなら行くけど…と答えたワタクシでした(^^ゞ
相棒は自分が行きたかったからか、そういう場合の常套句…「ジュリーも、今後いつまでも現役というわけにはいかないよ…」と。

確かに、沢田さんも、私達も、もう若くはない。
私達だって、いつまでも元気でライブへ行けるとは限らない。


…ということで、一般発売日に確保したチケットは2階席最前列。
ステージ全体がとてもよく見えるし、立たなくてもいいし、最高の席(^O^)/
年配の女性ばかりだろうと思っていたけれど、意外にもうちと同じように夫婦連れも多かったし、男性ひとりという方もちらほら。


ほぼ定刻に始まったライブ、まずは沢田さんのではない、とても素朴な感じの歌声の曲が流れ始めた。
アンコール曲に行く前の、少し長めのMCでわかったのだけれど、それは、ずっと沢田さんのプロデュースをされていた加瀬邦彦さんの歌声。

バンドメンバー、沢田さんと登場し、大拍手の中で流れ始めたイントロは、「我が家のふたり(笑)」でも、聴いた瞬間にわかる「危険なふたり」(^^♪

イントロ音が出た瞬間、1階席は総立ち。
2階席でも立った方がいらっしゃったくらい、最初から大盛り上がり(^_-)

沢田さんのツアーでは、過去の有名曲はあまり演らないと聞いていたけれど、今年のツアーは加瀬さんの追悼ということで、新アルバムからの曲以外は、すべて過去の加瀬さんの楽曲だったとか。

ワタクシ的に曲名まで知っていたのは「危険なふたり」「TOKIO」「恋のバッド・チューニング」…くらい?かな。
あと、曲名は覚えていないけど「ニーナ…忘れられない~」っていう歌詞の楽曲も。
その「ニーナ」前後の数曲に関してだけは、沢田さんの「高音」が、やや危なっかしい感じだったので、もう「高い音」はムリなお年頃なのかなあ…と、それだけはちょっと残念な気持ちで聴いていた。

声量自体は、しっかり出ていたので、そのときはそう思ったんだけれど…。

言い訳したくなかったのか、ご本人はライブ中にそのことについての具体的なことは、ひと言もおっしゃらなかった。
翌日、ファンの方のブログで知ったのだが、ツアー中の9月末に「高熱」が出ていたそう。
そういう状況でも、ツアーを中断することなくステージを続けるって、さすがプロ!


「ニーナ…」以外も、あ、これも知ってる…と思った楽曲ばかりだったけれど、大ヒット曲はあまり入っていなかったように思う。

アレンジも、当時の歌謡曲風と違って、かなりのRock調!
鉄人バンドは、けっこう攻めの「音」。
お名前を知っていたのは、ドラムのGRACEさんとギターの柴山和彦さんだけだったんだけど。


2階最前列は、立つとかなり怖いので立たなかっただけ。
Rockな楽しい2時間あまり…(^_-)
個人的には、昔の曲のRockアレンジもいいけれど、新しい楽曲が沢田さんらしくて、いいな~と思った。


(G) 下山淳   
(G) 柴山和彦
(Dr) GRACE 
(Key) 泰輝   


[edit]

ようこそ!

文字を大きく・小さく

プロフィール

カテゴリ

お気に入り

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カレンダー

月別アーカイブ

FC2カウンター

メールフォーム

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

Powered By FC2ブログ