からっぽの青春

09/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./11

第2180回「手帳選びで重視することと言えば?」

FC2トラックバックテーマ 第2180回「手帳選びで重視することと言えば?」



本日、ハロウィンだそうで…。
昨日、スーパーでカボチャの売り場がいつになく充実していたのはそういうことだったのか(^▽^;)
売り場につられて、ついついカボチャを買ってしまったから、我が家的にハロウィンの習慣はないんだけど、今日はカボチャ料理。

2016-10ハロウィン
      ↑
カボチャをゆでこぼし、バターと醤油をからめながら粗くつぶしたもの。
このままでもワタクシはじゅうぶん美味しくいただける。
が、相棒クンはこの状態ではけっして食べてくれないので、これをベースにして、オーブン焼料理に変身させる予定。

ハロウィンが今日ってことは、やがてすぐにクリスマスがやってくる…ということに気がついた(笑)ので、少し早いけどクリスマスの飾りつけ。
 
トイレの中も少しだけ(^^;
      ↓
2016-10クリスマス






さてさて…。
本日のテーマ「手帳」


昔人間なので、紙に書いてあるものしか、頭に入らない。
ちょっと複雑な説明などは、PC画面上だけでは理解できないので、必ずプリントアウトしたり、印刷前に読みやすいように段落を直したりする「紙の無駄遣い人間」…(;´Д`)

電子書籍なんて、絶対ムリだと思っている。

元々、小説よりも漫画を読む方が時間がかかってしまうという「オツム」
どうやら思考回路に何らかの問題がある?


だから、昔ながらの紙の手帳(苦笑)は必須。
ま、100均の簡単なものでじゅうぶんなんだけど。

手帳-4

小さくて薄くて、カレンダー式になっていて、ひと月分の予定が一目でわかるもの。

手帳-1

そして、白紙のページがそれなりにあること。
あ、住所録欄は要らない。

手帳を新しくするたびに住所録を手書きで書き写すのは面倒。
携帯電話には、携帯番号とメールアドレスしか入力していないので、紙に書いた住所録が必要になることもある。
以前は、古い手帳の住所録欄だけ切り取って、新しい手帳に挟んでいたが、それも古くなってしまった。
なので、主に年賀状用としてパソコンで作成している住所録の中から、日常で必要な30件ほどだけを別リストとして作成。
それを手帳サイズに縮小したものを空白ページに貼っている。


100均の手帳でも、前年の10月から翌年3月までの予定が書けるものもあったりするんだけれど、今回2017年の手帳として選んだのは、きっちり1年間分しか書けないもの。

前後分が書けないから、自分で今年10月からの欄を作って、白紙ページに貼り、実はもう使っている。
白紙ページには、そのほかに、自家製時刻表(笑)も貼っている。
時刻表も、自分の行動パターンや思考回路に沿ってるものじゃないと、使うときにとってもイライラしてしまうから(;^ω^)

手帳-2 手帳-3




実は最近、スマホにすべきかどうか迷っていて、いろいろ情報収集中なんだけど…。

今、この記事を書きながら、こういう手帳の使い方がしっくりくる人間には、やっぱりスマホは向かない気もしてきた…(苦笑)


そういえば、旅に出るときも、パソコンで調べた電車の乗換情報などは、必ず自分の「オツム」に合わせて、自分がすぐに理解できるように自分仕様として作ったものをプリントして持っていってるよなぁ~(;´▽`A``

category: 雑記(日常・雑感)

[edit]

page top

第2183回「好きな海外料理は何ですか?」

FC2トラックバックテーマ 第2183回「好きな海外料理は何ですか?」



なんといっても、やっぱり和食がいちばん、と思っているし、そもそも海外へ行ったことがないから、海外料理がわかりましぇ~ん(苦笑)

…と、このままでは、話が先に進まない(^^ゞ

国内で気軽に食べられるフレンチやイタリアンや中華や多国籍料理も海外料理だとすると…。
インド人が作るカレー店だとか、インドネシア料理やベトナム料理、タイ料理などと表記しているお店で食べたことは…ある。

どこも日本人の好みに合うように作られていたので、食べられなかったというものはないが、記憶に残るほど美味しいと思ったのは大分市内で食べたインドネシア料理。


店主さんは日本の方で、かなり大きいお店だった。
その店主さんが、なぜか私たちにけっこう話しかけてくれて、サービスの1品まで…<(_ _)>

なぜ大分でインドネシア料理…なのかは聞かなかったけれど、常連さんが多く、とても流行っているお店だったことと、インドネシア料理ってやさしい味なんだなぁ~って美味しくいただいたことはよく憶えている。




そういえば…。
和食党とはいえ、先日久しぶりにフレンチを食べた。

年に1~2回くらいしか行かないんだけれど、新メニューの案内をもらったから。
料理3品とデザート(コーヒーか紅茶付き)で3300円、しかも、オードブルもメイン料理も数多い中から選べるという。
メインが魚か肉どちらかだけでは少し足りないので、魚・肉それぞれ1品ずつに増やしてもらい、ボトルワイン1本、ビール小瓶3本も含め、ふたりで13000円ほど。

久々の贅沢な夜(^_-)-☆

自家製牛肉のテリーヌ
自家製牛肉のテリーヌ-1

本日のスープ(牡蠣)
本日のスープ(かき)-2

海老とトマトのチーズ焼き
海老とトマトのチーズ焼き-3

鴨のローストシナモン風味
鴨のローストシナモン風味-4

デザート
デザート -5

           高松市瓦町 「シェ・クサカ」

美味しくて、お腹もいっぱい。
ごちそうさま

category: 美味しいもの

[edit]

page top

危機管理

むやみに知らない女の人に触ってくる、銀行のおっちゃん((笑)の危機管理は甘いって思ったけど、ワタクシも人のことは言えない:(;゙゚''ω゚''):


変温動物であるワタクシ、体温調節ができないので、今みたいに気温差が激しい季節は、布団に困る。

ホントだったらもう11月も間近なんだし、冬布団を出してもいい頃なんだけど、今年は10月に入っても、ずっとタオルケット、綿毛布、ウール毛布、夏用肌布団の4枚を置いて、寝る時点での気温によって、タトルケット1枚だけの日もあれば、とりあえず3枚使って、明け方寒くなったらもう1枚たぐりよせる、というふうに、組み合わせでしのいできた。
だって…暑い日の方が多かった。

3日くらい前だったか、その日の夜はかなり寒く感じた。
4枚全部掛けて寝たものの、それでも寒くて寝つけそうにない。
しかたなく、押し入れから冬布団か合布団を出そうとしたら、その2枚はいちばん下にあり、その上にはコタツ布団の上下セットだとか、それらのカバー、シーツや布団カバーの替え、ひざ掛け用毛布や冬用のセーターなどが入った布団袋や衣類袋がど~んと乗っかっており、そのままではとても冬布団も合布団も引っ張り出せない状態。

全部出すとなると、眠気が覚めてしまうので、布団はあきらめ、衣類袋の中のいちばん上にあった袢纏をひっかぶってようやく就寝(;^_^A

危機管理ができていなかった自分に一応、季節が来たら、布団はすぐ出せるようちゃんとしておきませう…と言い聞かせた次第(苦笑)



しかし、なんといっても…。
危機管理と言えば、やっぱり地震対策。

これは、大きい地震が何度かあったので、ときどき避難袋の中身をチェックしたり、やはりいちばん困るのはトイレだろうと考えてそれなりのものをそろえたりはしてきたのだが…。


先日の鳥取の地震の時。

相棒クンは、ちょうどコンビニのトイレに座った(笑)ところだったそう。
座って、さあという瞬間(爆)に、あの「警報音」が鳴りだして、え、どうしよう、どうもできない、と思う間もないくらい、すぐに揺れが始まり…(;''∀'')

幸いに、ヤツはその日は震度4のうどん国ではなく、仕事でみかん国にいたので、若干震度も弱かったみたい。
無事だったから、それを聞いて大笑いしたけど…。

トイレで用足しの最中にあの警報音を聞きたくはないし、日頃危機管理に努めていても、出先のトイレの中で遭遇してしまったら、あまりに無防備で、でも、どうしようもないっす(;゙゚''ω゚''):

category: 雑記(日常・雑感)

[edit]

page top

本性…(苦笑)

人間だもの、誰だって「上から目線」的になることはあると思う。

が、他にもお客さんがいて、そこでそれぞれが楽しくカラオケを歌っているような場で、自分たちのグループは全員が「銀行員」ですからなんて…。
わざわざ近寄ってきて、人の耳元でそんなこと言わなくてもいいんじゃね?
あなたは、自分の職業にすがって生きてるわけ?
それに、そもそもそれって自慢できること?

そんなこと聞かされても、「銀行員」の「偉さ?(*'ω'*)」みたいなものが、全然わからないワタクシには、な~んの効果もないっす(笑)
もちろん、これでも、一応「オトナ」なので、「へ~すごいんですね」とは言ってあげたけど。

本心では、すごいなんて全然思ってないし~(^▽^;)


それと、酒飲んでる席で、肩を組むふりをして、「ダンナと一緒に来ている女=私(^^;」にまで触ろうとするのは、とっても見苦しいっす。

ま、こういうことに対しては、ワタクシ、若い頃にけっこう「場数」を踏んできているので、相手に恥をかかせないよう、さりげなく逃れる方法も知っておりまする…(笑)


こんなふうに、相手に自分の行動を読まれていることがわからないようでは、けっして「一流」じゃございませんぜ(^-^;


それにしても…。
その、近寄ってきた幹事的役割の人以外も、みなさん、カラオケはかなり上手かったですなぁ~。
カラオケ自体もお仕事のうち…みたいだったけど('◇')ゞ

お勤めご苦労様(←ワタクシの方が、年上なので、ここは、「ご苦労様」という言葉遣いでも許されるだろう…(笑)


そうそう…。
6~7歳くらい、若いように判断していただいて、ありがとう~。
ま、もちろん、こちらもそれくらいに見られるような選曲にはしておりましたけど(*^▽^*)

酔っぱらっていても、それくらいの判断力はちゃ~んと保ちつつ、冷静に状況判断できないようでは、簡単に本性もバレてしまいますぜ…(*‘ω‘ *)

category: ひとりごと

[edit]

page top

第2181回「練り物は好きですか?」

FC2トラックバックテーマ 第2181回「練り物は好きですか?」



練り物だ~いすき!って言いたいところなんだけれど…。

小松島の竹ちくわや高松の平天(上天)や宇和島のじゃこ天・あげ巻みたいに、大喜びで食べるものもあれば、仙台の笹かまぼこのように、お願いだからもう勘弁してくれ~と叫びたくなるものもある。

笹かまぼこ以外で勘弁してくれ~と叫んだのは、小田原と敦賀の、それぞれ皇室献上品だとかいう、とってもお値段が高くて上等なかまぼこ。

また、最後まで食べることはできるものの、できれば、あまり食べたくはないのが鹿児島のさつま揚げ。


練り物って、土地によってその歯ごたえや味の傾向が全然違う不思議な食べ物(;^ω^)

category: 美味しいもの

[edit]

page top

オバQではなかった(;´・ω・)

昨日は落語会。


オープニングトーク   
 笑福亭風喬 & 林家花丸

「開口一番」 
  林家染八       
「あくびの稽古」 
   林家花丸
「花筏」 
   笑福亭風喬
 
  中入り

「市川堤」          
    林家花丸

        三味線 はやしや香穂



林家染八さん、若くて元気はつらつという雰囲気の方。

しかし、いつもだったら、開口一番の演題は忘れても、内容くらいは憶えていることがほとんどなのに、今回はまったく思い出せない。
これには理由があって、最後の演目だった花丸師匠の「「市川堤」があまりにも強烈で、その前の記憶が飛んでしまったから。
かろうじて「花筏」「「あくびの稽古」は思い出せたけど…(;´・ω・)
染八さん、せめて僕の名前は憶えて帰ってほしい、とおっしゃっていたけど、お名前&お姿は、もちろんしっかり目に焼き付いてますm(__)m 


笑福亭風喬さん、今の朝ドラに、名前は出ないけどエキストラ的な役者さんとして出ておられるそう。 
市村正親さん演じる人物や、彼のいる建物の近くで映っていることが多いらしい。
すみません、ワタクシ、今回の朝ドラ、まったくそそられなかったので、数日で見るのをやめてしまったので(;´Д`)
風喬さんによると、このドラマは、今後とってもおもしろく、ゆっくりした展開になるらしい。

「花筏」は相撲のお噺。
風喬さんは、口調が柔らかというか、耳に障らないので、その世界にすっと入ることができて、惹き込まれた(^_-)


花丸さんは、毎回思うんだけれど、本当に素晴らしい。
今回の「市川堤」は怪談。
上方落語は滑稽で笑えるものが多く、オバQ程度のおはなしだとか、上方落語の怪談ものの最後の落ちはこういうふうに決まっているだとか、おっしゃっていたけど、場内にも趣向を凝らして、けっこう怖かった(苦笑) 

しかし、そういう、目に見えるものよりも、噺の内容や、花丸さんの語り口から想像できるものが、人間の「闇」の部分を浮かび上がらせており、そういう意味での怖さが強烈。
とてもオバQどころではなかった…:(;゙゚''ω゚''): 


花丸さんには、この演目までに、じゅうぶん笑わせていただいたので、たまにはこういうのもいいかな。   

category: LIVE記録(落語など)

[edit]

page top

第2174回「○○の秋と言えば?」

FC2トラックバックテーマ 第2174回「○○の秋と言えば?」



読書の秋、スポーツの秋、食欲の秋…は定番だけど、そういえば、なぜ○○の秋っていうのかな?

夏が大嫌いなワタクシとしては、今年の秋はようやく来てくれましたな~っていう感じ(苦笑)
柿を見かけると、いよいよ秋だな~って思うのに、今年はお店で見かけてからもけっこう暑い日が続いていて…:(;゙゚''ω゚''):
本日、友達が送ってくれた大量の柿で、ようやく秋を確信した次第。
毎年、ありがとう~<(_ _)>

柿

category: 雑記(日常・雑感)

[edit]

page top

揺れた!

震度6弱の地震、みなさん大丈夫でしたか?

今回の震源地の鳥取県からは遠いようで、実はそれほど遠くないうどん国。
こちらもけっこう揺れた。
震度4は久しぶり。
揺れてる時間が長かったのと、いちばん大きく揺れた午後2時過ぎの地震以降、小さい揺れながらも、かなりの回数揺れているので何だか気味が悪い。
ちょっと余震が怖い(;´・ω・)

我が家的被害は、台所で、軽いプラスティック製のお盆がひとつ落ちていたくらい。
ま、実はそのお盆が落ちているのを見たとき、あれ? これってどこに置いてあったっけ?状態:のワタクシ(;゙゚''ω゚''):


瀬戸大橋上で列車3本も停まったままだったとか、高徳線も運休含めダイヤがかなり混乱しているらしいけど。
今日は朝のゴミ出し以外、一歩も家から出ていないワタクシには影響なかった…(;^_^A


あらためて出口確保や火の元注意など、自分に言い聞かせた。
みなさんも、くれぐれもお気をつけください。

category: 雑記(日常・雑感)

[edit]

page top

第2179回「好きなラーメンの味と言えば?」

FC2トラックバックテーマ 第2179回「好きなラーメンの味と言えば?」



もうそろそろ、今は寒いのか暑いのかはっきりしてくれ~と言いたいくらい、日によって気温が違うので、身体がついてゆけません(;´▽`A``


さて、好きなラーメンの味。

どれもキライじゃないので、どの味にするかはその日の気温だとかお店の状況による。

ラーメン以外の食べ物で、塩味か醤油味か味噌味を選べと言われたら、迷わず塩味を選ぶけど…なぜかラーメンに関しては、とても寒いときや、初めて入ったお店で、味に不安があるときは、だいたい味噌ラーメンを頼んでいる気がする。
寒いときの味噌はあったまるし、味噌だとそれほど大きいハズレにはならないことが多い。

ちなみに…どんな味のラーメンでも、麺は「カタメ」以上「バリカタ」ちょっと手前くらい程度の硬い方(^▽^;)が好き。


そういえば、18歳のときに、生まれて初めて、東京の四谷で、味噌バターラーメンというものを食べたとき、ラーメンってこんな味もありなんだな、美味しいな、と思った記憶(^_-)

きっと、そのときの記憶が「ラーメン=味噌」として、ワタクシの頭の中にインプットされている(*^。^*)


category: さぬきうどん・ラーメン

[edit]

page top

ライブ遠征 その③

10/1(土) エレファントカシマシ ZEPP TOUR 2016 ZEPP Namba

今回のライブ遠征、元々は9/28・29日のレイフラライブだけの予定。
2日とも神戸で宿泊し、京都ライブの日は、神戸から京都まで往復移動するつもりだった。

エレカシさんのライブが10月1日に大阪であることは知ってはいたが、ライブが前日の9月30日なら、3泊にはなってしまうけれど、行けるのにな、残念だな…程度の気持ち。

だからエレカシの先行抽選の案内メールが届いても、エントリーする気はなかった。

その後、8月に入ってから、2次先行の案内が来て、あ、チケットまだ売れてないんだ、と思ったことが、今回の大遠征旅(;´▽`A``への入り口となってしまったとは…。

エレカシは以前からちょっと気になるバンド。
昨年に初めてホールライブを経験したけれど、宮本くんの表現力も含めて、思った以上にバンドの音は素晴らしいものだった。

2次先行の案内が来たってことは楽勝でチケット取れそうだし、一日空いちゃうけど、ちょうど自分はその頃関西に行っているんだし、これってチャンスかも…と思ったのが「運の尽き(笑)」

チケットは楽勝で取れると思ったから、関西遠征旅計画の練り直しを始めた。
大阪での土曜日の宿泊先は、納得できるところがなかなか見つからなかったけれど、まだ時間の余裕もあったから、とりあえずプランを考えてはホテルを押さえておく、みたいな状況。

ところが…。
なんと、楽勝で取れるはずと思った2次先行にあっさり落選(;´Д`)


ワタクシ、エレカシを甘くみておりました_(._.)_

やはり…ここまで長く続いているバンド、そしてあれだけのライブをするバンドの人気は根強い!
ついつい、某バンドのことが頭に浮かんでしまったことは、ここだけの話:(;゙゚''ω゚''):

ホテル予約も含めて、いろいろ計画を考え始めたのに、チケットが取れないのでは…とがっくり。
だから、一般発売日に、99%ムリだろうなぁ~と思いつつ特電の番号が繋がったときは、まさか…の驚き。

整理番号は限りなく「最後」だったけれど、とにかく会場に入れることは保証された(^_-)
4泊なので、ホテル予約ももちろんのこと、スマホを持たない身としては、あらかじめ調べておかなきゃいけないことがたくさん。


実際に遠征旅が始まると…。
まず、28・29日のレイフラライブは大満足。
30日は携帯カメラとはいえ、久しぶりにいい被写体と巡り合えていい写真も撮れたから、これも大満足。

3日間すべて大満足だったということで…。

エレカシさんには申し訳ないけど、この日のライブは、私には「おまけ」的な位置づけ。
もちろん開演時間に遅れないようにしようだとかは思ってはいたけれど、レイフラのように会場の下見に行くわけでもなく、グッズ購入意欲もなく。

元来、遠征するほどまでは入れ込んではいなかった…というか<(_ _)>


しかしながら…(;^ω^)
今回、家へ戻って、これ(大阪城ホール公演の方)はエントリー済み。
      ↓
エレカシ 2017


チケットが取りにくいことは今回で身に沁みたので、落選覚悟のうえ(苦笑)

今回のZeppライブ、ベース音が全然聞き取れない曲もあったりで、「音」には大きい不満はあったけれど、宮本くんもバンドメンバーも、やっぱり「凄い!」
宮本くんの喉の調子が今ひとつなのかな?と思う場面も少しあったけれど、ステージ上の全員が全身全霊で表現してることは、遠くで見ていてもビンビン伝わってきた。

いちばん新しいアルバムからの選曲もあったけれど、「おかみさん」を生で聴けたのはラッキー!


あ、遠くといっても、人の流れに沿って入った扉がいちばん後ろじゃなかったので、真ん中よりはやや後方だけど、宮本くんの表情がわかるくらいの場所(^-^;

ただ、この日は足が少し辛くなってきていたので、ホントは壁にもたれたかったんだけど、始まるまでは通路にいることが禁止。
始まる直前に、けっこう壁側に立つ人が増え、係員ももう注意しなくなったので、私もそこへ行こうとしたら、開演ギリギリで入場してきた人が先にそこへ。
結局身体を支えるものがないまま立ちっぱなし。
最後は、身体的にはけっこうきつかったけれど、気持ちの方は、途中でちょっとこみあげてくるものがあったくらいの感動。

ライブ後、宿へ戻りながら、もちろんライブの余韻はあるんだけれど、その一方で、なぜかSOPHIAのライブの様子が走馬灯のように思い出されたのは、今でも不思議。


レイフラのライブへ行っても、まったくSOPHIAのことなんて、これっぽちも頭に浮かばない…というのね(苦笑)



旅記録に続いて、このライブ遠征記事も、これにてようやく終了。
もし、全部お読みいただいた方がいらっしゃったなら、こんな記事で申し訳ない…のひとこと。
読んでいただき、ありがとうございました

category: エレカシ(LIVE記録 他)

[edit]

page top