fc2ブログ
2023_05
12
(Fri)14:12

まだ続く…遅れて更新の記事④ (今さらながら…2023年のお花見)

撮影日 2023年3月27日~4月4日


2023-3-27-10.jpg
撮影場所:公渕森林公園 (高松市東植田町)


2023-3-30-10.jpg
撮影場所:西部浄水場(三豊市高瀬町)


2023-3-30-11.jpg
撮影場所:満水池(三豊市高瀬町)


2023-3-31-20.jpg
撮影場所:鎌田池(坂出市小山町)


2023-3-31-21.jpg
撮影場所:大崎の鼻(坂出市王越町)


2023-3-31-22.jpg
撮影場所:亀水中央公園(旧亀水バラ園…高松市亀水町)




2023-4-3-10.jpg

2023-4-3-1-11.jpg
撮影場所:ひょうたん池(西条市石田)



2023-4-4-10.jpg
撮影場所:坂出市大屋冨町



2023_05
09
(Tue)11:56

まだまだ続く…2ヶ月ほど遅れの記事③(世良公則 with 押尾コータロー)

公演日 2023年3月18日
会場   なんばHatch

久しぶりに大阪まで車移動。
ライブ会場も宿泊も難波なのに、駐車場はいつもの相棒クンお気に入りの場所(梅田)にしたので、大阪に着いてからは地下鉄移動。
それでも車移動のいいところは、帰りに相棒クンの大好きな阪急デパ地下で美味しいものをたくさん買っても、持ち帰るのが楽。
1月のSOPHIAライブのときも、おそるおそる飲食店で食事したけれど、今回もライブ後の食事はホテル近くの店へ。
かなり通常生活に戻りつつある現在でも、感染経緯がよくわからないので、このときももちろん不安はあった。
スタッフでマスクをしていない人もいたし、食べて飲んでいる最中のお客さんは、我々も含めマスクはしていないわけで、でも、結局感染することなく無事。
どこまで怖がっていいのか、いまだによくわからない(-_-;)


さて、肝心のライブのこと。
世良さんのこのKNOCK KNOCK2023は、昨年から何本か聴いてきたけれど、今回の世良さん、いちばん「気合」が入っていた気がする。
押尾コータローさんは、単独ライブを10数年前に聴いているけれど、さすがの演奏。
ふたりのセッションがこれまた最高に素晴らしい。
5列目というめっちゃいい席で、大満足の夜。
それぞれがギター1本なのに、思わずステージ上にそれ以外の楽器を探してしまうような「音」が聴こえてくるのが不思議。
世良さんひとりでもそうなんだけれど、今回は押尾さんと一緒だったからなおさら…(笑)

世良さんのライブはセトリが絶妙で、誰もが知っている昔のヒット曲も昔とは全然違うアレンジでちゃんと演奏してくれる(それもいいタイミングで)のだけれど、横の席にいた夫婦連れの奥さんの方は昔のような歌が聞きたかったと言い、かなりご不満の様子。
昔のままだったら、私は絶対に行かないけれど…ね(苦笑)。

2023-3-18-1.jpg


2023_05
09
(Tue)11:09

まだ続く…2ヶ月ほど遅れの記事②(春の気配)

撮影日  2023年3月8日・10日・14日
撮影場所 東かがわ市白鳥
       仲多度郡まんのう町
       綾歌郡宇多津町
       綾歌郡綾川町滝宮

2023-3-8-4.jpg

2023-3-8-10.jpg

2023-3-10-4.jpg

2023-3-14-1.jpg

2023-3-14-5.jpg

2023_05
09
(Tue)10:50

しばらく続く…2ヶ月ほど遅れの記事①(ひなまつり)

本来なら遅くとも3月中にはアップしなければいけないようなひなまつりイベントの記事。

撮影日 2023年3月2日及び3月4日
場所  東かがわ市引田 
     綾歌郡宇多津町

どちらもかなり長く続いている、町おこし的なイベント。
引田の方が素朴な雰囲気で、宇多津はかなり大がかり。
それでも引田には大阪からの大型観光バス。
引田の方が大阪にはかなり近いし、駐車場の問題もあるのかな?

2023-3-2-13.jpg

2023-3-4-9.jpg


2023_05
08
(Mon)11:24

気がつけば…

記録用として使うつもりだったのに、気がついたら2ヶ月以上も放置していたこの場所。
ここだけでなくnoteの方もあまり更新していない(;^_^A

年明け早々から、心身すべてにおいてあまり調子がよくないのは事実。
それでも今までの自分ならば、細々とでも書き続けていたと思う。
「書くこと=考えること」は、今まで自分にとって当たり前のことだったから。

ところが、それができなかった……。
短い文章のTwitterではたまに発信できていたけれど。


ここにきてようやく…。
自分の中で這い上がろうとする気配がなんとなく感じられるので、ぼちぼち再開の予定。