ご隠居さんになった相棒くんが、ひまを持て余し、どこかへ行こうよ~と言う。
ひまを持て余してるなら、もっと家事を手伝えよ…とは思ったが、長年働いたんだから「お疲れさま」の意味も込めての小旅行。

行先は高知。
高知を選んだのは、たまたま、安芸のしらす丼のお店と、室戸の料理旅館(ホテル)を取材した番組を見たから。


しらす丼は、釜揚げしらす丼も生しらす丼も、どちらも食べたことはある。
が、そのお店では、釜揚げしらすと生しらすが、ご飯の上に半分ずつ乗っかっているんだとか。
何だかめっちゃ美味しそう。

また、室戸のホテルの料理は、高知と言えば有無を言わさず、まずは「鰹のたたき」なのに、そうじゃない新鮮な魚料理が食べられそう。

室戸はかなり以前に2回ほど行ったことはあるけれど、とにかく遠~い。
以前から、その存在は知ってはいたが、道路沿いの道路からちょこっとだけしか見ていない海岸線沿いの奇岩(ジオパーク)もゆっくり見たい。

ということで、2泊3日のスケジュール。


3日朝、6時半には出発するぞ~と言っていたはずの相棒くん。
早い時間に起きてはいるのに、まだ旅支度していない。

時間に縛られる生活から開放されたからか、あまりにも「自由」すぎる(;´∀`)

結局7時を過ぎてからようやく出発。
急ぐ旅じゃないけど、11時には安芸のしらす丼を食べたい、という気持ちがあり、早く出発したかった。

なぜなら、室戸のホテルの料理がかなり充実しているみたいなので、昼食が遅くなると、夕食が入らなくなる(笑)
ただでさえ、いつもお昼は軽く麺類で済ませているのに、この日はどんぶり物を食べる予定。


渋滞もなく順調に高知県へ入った。
このままだと安芸のしらす丼のお店へ11時には着くだろう…と思っていたら、相棒くんがとんでもないものを見つけた。


これは、可動橋が上がっている状態。
運転していたのに、よく見つけたな~と思う。
かなり以前に、高知県に可動橋があるというのをテレビで見た記憶はある。
けっこう衝撃的な光景だったから忘れてはいなかったけれど、それがこの辺りだったということまでは憶えていなかった。

2018-04 高知1

いつもだったら、しらす丼を早く食べなくっちゃということしか考えないはずの相棒くん。
でも、やはりこの光景は間近で見たい。
ということで、近くまで行ってみた。
ま、ヤツは高級おもちゃ(カメラ)を手に入れた直後だったから、それを使いたいという気持ちがあったのだろう。



近くへ行くと、まるで道路が立ってるみたい。

2018-04 高知3

2018-04 高知4


横から見るとこんな感じ。

2018-04 高知5



開閉時間が明記されているので、何気なく見たら、なんと、あと15分で道路(橋)が降りる~!(^^)!

2018-04 高知6

これはチャンス。
しらす丼よりも、このチャンスは逃したらダメだろう…ということになり、15分待って降りて行く橋(道路)を見物することにした。


まだ信号は青。
つまり道路(橋)は上がった状態なので、船は通行可。

2018-04 高知8


信号が赤。
橋が下がり始めている。

2018-04 高知9

2018-04 高知10

2018-04 高知11

2018-04 高知12


鉄道の踏切とは逆で、橋の上にあった遮断機は、警報が鳴ると上がって、車が通れる…というしくみらしい。
もちろん人間も通行可。

2018-04 高知13

2018-04 高知14


数日早かったら、手前の桜が見頃だっただろうから、もっといい写真が撮れたのに…残念。

2018-04 高知15


続く


【2018/04/08 23:00】 | 旅・お出かけ記録
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック