FC2ブログ

踏ん切りの産物③

またまた、スマホ内で埋もれていた画像。

84番札所屋島寺(2018年2月19日撮影)
忘れ去られている画像は、四国霊場を撮影したものが多い?

お大師さま、ごめんなさい<(_ _)>


この日は、ラーメン目的ではなく、復元された屋嶋城(やしまのき)が目的→「その日の記事」


屋嶋城が目的であっても、まずは屋島寺にご挨拶をしてから…という気持ちは、もちろん持っている。
一応「お大師さま信仰」の地で生まれ育っているから…(;´∀`)

2018-02屋島寺5

2018-02屋島寺1

2018-02屋島寺2

2018-02屋島寺3

太三郎狸の蓑山大明神

2018-02屋島寺6



子供の頃、屋島の麓に住んでいたときは、下から歩いて登るのが当たり前だった。
大人になり、まだ健脚だった若い時ですら、ハアハア言いながらじゃないと登れなくなっていて、子供時代のあの身軽さは、もう取り戻せないんだと悟った。

そして…。
「年寄り(笑)」になった今じゃ、歩いて登るなんて絶対嫌というか、足よりも、まずは…心臓によくないっす(;´∀`)


ケーブルカーは廃止されてしまったけれど、JR屋島駅から琴電屋島駅を経由する、屋島山上までのシャトルバス(運賃100円)がある。

この日は、相棒くんと一緒だったから車。
以前にシャトルバスで行ったときは、ケーブルカー時代に比べると信じられないくらいの低料金に何だか申し訳ないような気持ち。
活性化のためということで、ドライブウェイまでも無料化されたが、今後賑わいを取り戻せるのだろうか?

山上に登ってしまえば、山の形通り、ほぼ平ら。
それでも、南嶺・北嶺のすべてを歩けば、相当の運動量ではあるが、北嶺なんてもう何十年も行ってない。

北嶺からの景色は抜群…なんだけど。



ドライブウェイから見える女木島(鬼ヶ島)
かなりわかりづらいが、大槌&小槌島もちょっぴり見えている。

2018-02屋島ドライブウェイ1



以前だったら、ドライブウェイから降りたところにあるうどん店「わら家」へ寄ったはず。
でも、このお店、出汁は昔からずっと変わらずいいお味なのに、なぜか数年前から、肝心のうどんの方が…(-_-;)

観光地にあるうどん屋さんとしては、ホント最高レベルだったし、値段が高くても、ときどきは行きたいうどん屋さんだったから、本当に残念。


打つ職人さんが変わったのか、それとも使用する「粉」が変わってしまったのか…。

いずれにしろ、ああいうのを、県外客にこれがさぬきうどんだ、と思われるのは、本来うどん好きじゃないものの、うどんにこだわるうどん国在住者にとっては、非常に心外。


さぬきうどんが観光目玉でもあるからか、多くのうどん屋さんが一般受けする「もっちり麺」に変わりつつあるんだけれど、それ、間違ってますから…と声を大にして言いたい(;^ω^)

0 Comments

Leave a comment