相棒くんのノートパソコンは画面が小さいし、ウィンドウズ10なので、ちょっとしたことが違うから、やっぱり微妙に使いづらい(;^ω^)

修理費用見積中のパソコンちゃんがどうなるかはまだわからないけれど、いずれにしろ2~3週間は入院の予定。

ディスクドライブがパソコン上には存在しないことになってしまっている現状。
最近あまりオリジナルCDを作成しないとはいえ、そのまま放置も出来なかったから、修理依頼をしたが、あまりに修理費用がかさむようなら、外付けディスクを購入した方がいいかも。

いずれにしろ、メーカーに出しての見積りはけっこう時間がかかるらしい。
ってことは、このノートパソコンを借りるしかない…けれど、使い勝手はそのうち慣れるのだろうか?

練習のつもりで更新(。・ω・。)






本日は…またまた起きてしまった「郵便物トラブル」

長崎県からの普通郵便が一週間かかってようやく届いた。
あまりにも時間がかかりすぎ…だと思うが。

でも、郵便局のおじさんは、それくらい時間がかかることもあるということをご理解ください…だって。

以前に愛媛県からの普通郵便がやはり一週間以上かかって到着したときは、歩いて運んでも、もっと早く到着すると思いますが…と嫌味を言ってしまった。

今度は、長崎から、あちこちに寄港する超・豪華客船にでも乗って運んだ?(-_-;)

これらは、多少の遅れはあったとしても、遅くとも3~4日以内には届くだろうと、こちら側が投函されたことを知っていた郵便物だったから遅配が判明しただけのこと。

以前から、この地区では消印がない別納・後納郵便物、そしてダイレクトメールの類いは一度にどさっと配達されている(と思う)。
そういうものは、数日分まとめて配達される…という印象。
で、この方法は、代々の配達担当に、引き継がれてる(と思っている)。

何かトラブルが発生したとき、こちら側がそうじゃないのか?って聞くたびに、郵便局側は強く完全否定するけれど。



ピンポンも鳴らさず、書留の不在連絡票(それも前日の日時が記載された不在票で、両日とも一日中在宅していたが、どちらの時もピンポンは鳴らなかった…)を、郵便受けへ入れていく担当者がいるような郵便局管内なので、普通郵便が一応ちゃんと届くだけでもいいとしなければいけないのかな?

そのときは、記載されていた前日のその時間に、確かにお宅の郵便受けに入れたということが事実であり、郵便局側としては、それ以上のことは言えませんので、どうかご理解下さいと言われた。

まあ一応「オトナ」なので、それ以上の追求はしなかったけれど、もちろん理解も納得もしてはいない。

郵便局側のおっしゃることが本当なら、前日、一度は郵便受けに入っていた不在通知が、その後勝手にお出掛けして、さらにそのお出掛けから戻って、自ら郵便受けに入ったということになる。

紙っきれがお散歩できるんだ。
なんとすばらしい( ̄ー ̄)


経緯はともかくちゃんと配達できたのだから、おまえらは文句を言うな…的態度に対する、持って行き場のない気持ちは消えることはない。
ミスが多すぎるのと、ミスがあった場合の対応があまりにもお粗末…( ̄▽ ̄;)


人間だからうっかりミスもあるし、ついついやってしまう「やってはいけないこと」もある。

不在通知を書いたけど入れ忘れて、翌日に黙ってポストへ入れてしまった…と正直に言ってもらえなかったことを、こちら側は問題視しているだけ。

そのとき、郵便局側としての、絶対にホントのことは言えないから、こういう説明でこの場を乗り切るぞ…みたいな強い意志が、配達当事者、部署の責任者の両方からひしひしと伝わってきた(苦笑)



そういえば…。
ちゃんと…も届いていないかも。

以前に、名字だけは一致していたが、郵便番号も住所も、まったく違う人の郵便物が届いたことがある。
うちからは遠い住所だったし、もちろん知らないお家だし、直接のお届けなんてできないから、郵便局に連絡して取りにきてもらったけれど、そういう連絡なんてせずに放置したまま失くしたり、捨てたりする人だって、なかにはいるはず。

その行為、処罰の対象のはずだけれど、普通郵便であれば、たぶんバレることもない:?

怖いですな:(;゙゚''ω゚''):

このときも、引き取りに来た郵便局の方は、よく似てたから間違えたのだろう…みたいなことをおっしゃったけど。
郵便番号も住所も全然違っていて、同じなのは名字の漢字たった二文字だけなのに、似てるなんてよく言うよな…と思った。


この管内の郵便事情は、昔からホント酷すぎる。


【2018/06/05 09:12】 | 雑記(日常・雑感)
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック