もし、7/1(日)のエレカシさん大阪チケットを確保できていたら…(名古屋公演は延期になってしまったけれど、宮本さん、大阪は大丈夫だよね、くれぐれも喉をお大事に)今週末は、神戸でのレイフラさんのインストアイベントに行ったかも(笑)

握手会なんて、オバちゃんとしては「無縁な世界のこと…」だと思っていたが、今回のライブDVDがあまりにも素晴らしいので、ぜひ直接、メンバーにその感想を伝えたくなってしまった(;^_^A



現実は…。
まずは、エレカシさんのチケットがないわけだし、レイフラさんに対しても、インストアイベントだけで交通費使うのは分不相応だし、それに、なんといっても握手の際の適切な言葉も見つからないし、見つかったとしても上手く言えるわけがないから、行かないけど(苦笑)


でも、オバちゃんの気持ちを、一瞬そっちへ向かわせたくらい、今度のDVDは素晴らしいっす。
昨夜は、PCじゃなくでっかいテレビ画面の方でみたから、なおさらライブ感覚たっぷり(^_-)-☆


バンドとして完成形により近づいてきた…個人的にはそう思った。

以前は、「音」の中で、田澤くんの声が唯一苦手に思えていた(なぜか、ライブの中ではそれが気にならなかったけど)んだけれど、今回のDVDでは彼の声もバンドの音の一部として、見事に調和。
そして、このバンドには、彼のあの音(声)が不可欠だと、今になってようやくわかったm(__)m
彼以外のボーカリストでは、このバンドの音は成立しない。

バンド「rayflower」として、5人全員の「音」が見事に融和しながらも、個々の演奏も際立ち、本当に凄い!


【2018/06/29 10:00】 | Rayflower(LIVE記録 他)
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック