fc2ブログ

時代遅れのオンナ②

前の記事について。

なぜあの「ツイート」について、自分の中の何かが反応し、それをブログに書こうと思ったのか、自己分析してみた。




一時期、沢木耕太郎氏の作品が好きで、よく読んでいた時代があった。
ところが、ある作品のたった一文で、これはもちろんワタクシ個人の受け取り方に過ぎないのだけれど、どんなに自分の視点を変えてみても、沢木氏の目線が「上から」にしか読み取れなくなってしまった。

それ以降、一切彼の作品を読んでいない。
たったの一文に過ぎないけれど、拒絶反応は非常に強いものだった。

あれから相当の年月が経つ。
いまだに書棚の見える場所にある氏の作品を手に取る気持ちは起こらないが、今の自分が読んだら、どう感じるかということには、少しばかり興味はある。


手にしようという気持ちが起こらないのは、いまだに拒絶反応が続いているのだろうと解釈している。
何かのきっかけで、そんなものはあっさりなくなるかもしれないことは、今までの経験上知ってはいるけど(苦笑)。


今回のあのTwitterの文章、あのときと同種のにおいを感じてしまったことは確か。

0 Comments

Leave a comment